政府・日銀は本日東京外国為替市場で6年半ぶりの為替介入を実施したのに続き、夕方にはロンドン、ニューヨーク市場でも円売り・ドル買いの介入に踏み切ったと報道されています。
介入額は1日当たりではなんと過去最大規模の2兆円超。
明日も介入を続ける方針と伝えています。
為替相場の変動は、その国々の経済成長率、金利、物価上昇率、失業率、財政収支、経常収支等々をはじめとしていろいろな要因が左右して変動するわけですが、今回の円高はあまりにも急激すぎ、経済に与える影響が大きすぎるようです。
政府・日銀はようやく介入に踏み切ったわけですが、どの程度を目指しているのか気になるところであります。
物事全てに良い面と悪い面があるように「円高」にもメリットはあります。
「円高メリット」として、「輸入などを含む海外品の買い物」があげられます。
スーパーや百貨店などの円高還元セールも一部で報道されています。
また、「円高」による燃料輸入価格の下落により、秋以降は、電力・ガス料金が引き下げられる可能性も出始めています。
余裕資金のある方は、日本円を米国ドルや欧州のユーロなどに換える人も急増しているとか・・・。
明日以降のの介入の程度が注目されるところです。
こんな経済環境だからこそ、今夜は2年ぶりのITセミナーを実施させていただきました。
新しいホームページの作り方であるCMSを活用して、こんな時代でもホームページで大幅に売り上げを上げている企業等の紹介を数多くアイリンクコンサルタントの代表取締役・加藤忠宏氏よりご紹介いただいたところであります。
何事も戦略を持って行わなければ結果は伴いないという好事例も紹介いただきました。
参加いただいた企業自身のホームぺージでさらに売り上げを上げるためのヒントを多くいただいた次第。
当事務所も現ホームページを大幅にリニューアルする計画です。
どうぞご期待ください。
参加いただきました皆様ありがとうございました。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆

こちらの関連記事もおすすめです!