次は、本日届いたメルマガ“てっぺん大嶋啓介さんの夢エール”の一部です。
長男悠太「僕、大人になったらお酒飲まないとダメなのかなぁ…」
ママ「別に無理して飲まなくてもいいんじゃない。」
次男心温「ダメだよ!お酒飲まなきゃダメ!だって、パパの夢なんだから!」
うれしい…涙



先月、子どもたちに夢を語りました。
「俺はたくさん夢がある。日本中で世界中でいっぱいやりたいことがある。毎日挑戦していて毎日本当に楽しい。人生は本当に最高やぞ。お金持ちもいいけどたくさん夢がある人生はもっと最高や。たくさん夢があってたくさん友達がいて友達と夢を語り合う人生は本当に幸せや。でもパパの一番の夢は悠太と心温と未来翔が20歳の誕生日の日に一緒に夢を語りながらお酒を飲むことや。それが一番楽しみなんや。」
大嶋さんは、家族の絆を深めるためにしていることはたくさんあるそうですが、今をとにかく輝いて生きている姿を子供たちに魅せていきたい、と。
「パパのようになりたい!」って言われるようなかっこいい大人になっていきたい。
そのためにもこれからもたくさん挑戦し、あきらめずに夢に向かってワクワクしながら挑戦していくという決意を語っています。
大嶋さんが、述べていた次の言葉が印象的でありました。
『大人が変われば子どもが変わる、子どもが変われば未来が変わる』と・・・。
この3連休、我が家でもうれしいことがありました。
昨日、朝8時ごろ、一本の電話が・・・。
電話は警察署から。
「自転車が○○地内で放置してあるという通報があったので調べたらお宅の名前で登録されている自転車でした。探されていましたか・・・」と。
ちょうど一週間前ぐらいに駅にとめていた次男の自転車が盗難にあって探していたところでありました。
何と「これからその自転車をお持ちしますので・・・」という親切さ。
それから、数分後に玄関のインターホンの鳴る音が。
ドアを開けてみると、我が家の自転車を手で支えている警察官ともう1人の警察官が。
見るとまたがいなく我が家の次男の自転車。
「間違いなければ今後管理には十分注意してください。別に書いてもらう書類はありませんのでこれで・・・」と言って、帰りかけたため、「お礼をしたいので通報いただいた方のお名前をお聞かせいただけないでしょうか」とたずねたところ、個人情報の関係もあるので・・・と警察官は躊躇され後、「じゃ、ご本人に連絡して教えていいかどうか確認をとってみてあとでまた電話しますよ。」という返事。
何度も何度もお礼を言いながら2人の警察官の帰られるのを見送った次第。
数分後に、その警察官から電話が・・・。
「見つけて連絡いただいた方に確認したのですが、“当たり前のことをしただけ”だから、お礼はいいので名前は伝えないでほしい」とのこと。
なんて素晴らしい方なんだと思いながら、改めてその警察官にお礼の言葉を述べて電話を置いた次第でありました。
その話を、次男に早速したところ、
「すごい、いい人だねっ!!」と、にこにこ顔でひと言。
休日の朝から、「当たり前のことをしたまで」といいきる人の心の優しさに、次男はじめ家族全員がほのぼのとした感覚を共有できたのはいうまでもないところであります。
我が家の子供たちも、こんな大人になってもらえたらと思った次第。
大嶋さんのブログを思い出し、我が家の子供たちも20歳になったときに酒を酌み交わしながらいろいろな夢を語りながら楽しい一時を過ごしたいと感じた瞬間でありました。
自転車を発見して連絡いただいた方と、わざわざ自転車を届けていただいた2人の警察官にこころより感謝申し上げます。
ありがとうございました!!
早速、その自転車を洗ったところであります。
★★★ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を★★★
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif

こちらの関連記事もおすすめです!