本日発表された“ニトリ”の2010年2月期連結決算は、次の通り。
1.売上高・・・・2861億円(前期比17・3%増)
2.売上総利益・・1542億円(前期比22.5%増)
3.営業利益・・・・464億円(前期比40・4%増)
4.経常利益・・・・474億円(前期比39・6%増)
と大幅な増収増益であります。
売上高、経常利益は23年連続で過去最高を更新したとのこと。
「デフレは大いに結構。賃金が上がらない中で、価格を下げて顧客に喜んでもらっている」と、言い放つニトリの似鳥昭雄社長の言葉通り、2010年2月期中には3カ月に1度のペースで計4回実施した大幅な値下げ戦略や積極的な出店戦略が奏功し、来店客は既存店ベースで前期比16・2%増と急増したそうであります。
海外で生産した家具の輸入コストが円高のため大きく下がりしたのも利益が大きく伸ばした要因の一つとなっています(輸入比率は7割超)。
ユニクロとともにデフレ時代の“勝ち組”とも。
ちなみに、次は過去4年間の売上総利益率です。
2010年2月期 53.9%
2009年2月期 51.6%
2008年2月期 49.3%
2007年2月期 49.6%
なんと値下げをしているのに売上総利益率は、昨年を2.3%もアップ!!
当期純利益は売上の8.3%も。
自己資本比率は61.4%です。
ニトリの強みは、「低価格と高品質の両立、それプラス品揃え 」と論する雑誌も。
この3つを揃えることは並大抵のことではなく、ここが他社との差別化に成功している理由と評しています。
“高品質”とは、ちょっと意外であります・・・。
http://www.nitori.co.jp/ir/financial_information/6phc1300000001ea-att/20100329tanshin.pdf
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ 

こちらの関連記事もおすすめです!