皆さんのとこでは、加入している保険契約の管理はどうされていますか。
万が一の時のリスク回避のために、損害保険や生命保険に多かれ少なかれ加入しているものですが、企業経営においては、企業永続発展のために更にリスク管理は重要であります。
保険は加入していても、保険事故が発生した際に、自ら保険金請求をしなければ支払われません。
そのため、日頃からどういう保険にいくら入っていてどういうときに保険金がおりるのかを、契約者のみならずその関係者が掌握して保険事故発生の際に保険金請求しなければ加入していないのとおなじどころか、その掛け金が全くムダになってしまうことになります。
また、必要以上の掛け過ぎもお金を無駄に使うことになります。
そこで、お薦めは、必要保証額を定期的に見直し、あらたな保険契約や既存契約の解約又は減額等を行うことをお薦めいたします。
更に、その加入状況が一目でわかるような管理をし、本人以外の関係者が掌握できるような体制を講じることがベターです。
当事務所では、保険診断や見直し提案さらにはその全ての加入が管理できるファイリングを無料で行っておりますので、お気軽に問い合わせいただければ幸いです。
http://www.hokenss.co.jp/LDP/hoken-kanri/035yamaguchi.html
昨日、ある生命保険の新潟支社長が午前お一人、午後お一人来所。
それぞれの保険会社のスタンスは微妙に違っておりましたが、一番大事なのは、必要最低限のお金で必要最低限の保証を保険でまかなうことであります。
金銭的に余裕がある場合には、貯蓄型で節税効果等がある保険等を利用することもベターであります。
当事務所は資格を持ったスタッフが誠心誠意対応させていただいておりますので何なりとお問い合わせください。
昨日と本日、地元の中学生2人が所ください件に来所。
税理士事務所の仕事やそのやりがいを説明すると共に、実際にお客様企業に一緒に訪問。
また、企業永続のための利益計画の作り方(変動損益計算書の作成)の実習やエクセル等のパソコンの操作を体験していただいたところです。
本当にお疲れ様でした。
3時の休憩時のケーキはおいしかったですか・・・。
◎●◎このブログを書く励みになりますので、是非・是非ご協力ください◎●◎
≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif

こちらの関連記事もおすすめです!