昨日の西田セミナーが終わり一夜明けた本日、お客様企業の取引先の会にて、『ツキと運』についての話をして欲しいと言うことで30分余り話させていただいたところです。
10人の法則やチョロいの法則、強運をつかむ条件について西田先生の教えを話させていただいた次第。
その中で、西田先生の著書『最強の法則』に書かれている次の文章を披露。
・・・・松下幸之助氏によれば、「経営というものは、不況のときこそが飛躍のチャンスである」という考え方になる。
松下幸之助氏曰く、
『公共のときは、他に目がうつらないから、駆け足をしているようなものである。何か欠点があっても目につかない。一方、不況のときは、ゆっくり歩いているようなもので、前後左右に目がうつるから、欠陥が目につく。つまり、不況のときは、その目についた欠陥を直す好機である。しかも、不況のときは、日頃よく努力している店ほど、よく売れるようになる。好、不況はないものと思い、日頃から、商売の本道を踏まえ、成すべきことをきちんとやることによって、“好況よし、不況さらによし”となるのである(PHP研究所刊・松下幸之助辞典)』となるのだ・・・・
今こそ、大チャンスのときであります!
◎●◎このブログを書く励みになりますので、是非・是非ご協力ください◎●◎
≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif

こちらの関連記事もおすすめです!