いよいよあす、与党の2009年度の税制改正大綱が決定され発表される予定ですが、これが実質的な来年度の税改正内容の決定となります。
主な内容としては、
①800万円までの中小企業の法人税率を2年間22%から18%に軽減。
②来年から2年間に購入した土地を5年以上保有すれば、売却時の譲渡益を最大1000万円まで課税所得から控除。
③住宅ローン減税の拡大。
④200年住宅を手持ち資金で建てた場合一般住宅より割高な工事費(最大1000万円)の10%を課税所得から差し引く。
⑤中小企業対して、赤字転落した場合に前年度に納めた法人税の一部を還付。
明日の発表が注目されるところですね・・・。
話は変わります。
大手スーパーは、まさにピンチはチャンスということわざ通り、打って出ているようです。
イオンは、スーパー「ジャスコ」などで1万1000円分の買い物ができるカード式商品券を1万円で13日と21日に100万枚を販売。なんとイオンが総額10億円を負担することで、1人1000円分多く買い物ができる仕組みだそうです。
また、イトーヨーカドーでは、購入金額から最大30%キャッシュバックを12.13.14日の3日間限定で実施するとのこと。
個人消費をいかにして底上げしようかという新しい動きであります。
行ってみる価値大でありますね・・・。
★☆★☆ブログランキングに参加しております。ベスト5も夢ではありません。ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックをお願いします★☆★☆
banner_04.gif 

こちらの関連記事もおすすめです!