「ふるさと納税制度」が、注目されています。
本制度は、平成20年度からスタートした税制です。
ふるさとなどへ贈る寄附金で、「ふるさとを応援したい」「ふるさとに貢献したい」「好きなまちを応援したい」「自分の住むまちの特定の事業に役立てたい」という気持ちを寄附金という形にしていただくものです。
 ふるさとなどの自治体へ寄附すると、寄附金の額に応じて所得税と住民税の税額が控除されるため、ふるさとに納税したのと同じことになることから、「ふるさと納税」と呼ばれているものです。
「ふるさと納税制度」では、寄附金の一定限度額まで、寄附金から 5,000円を除いた額が減税になります。
今回の震災で、この制度が注目されています。
出身地に限らず、本人自身が応援したい被災した自治体にこの制度を活用して寄付を試用という動きです。
詳しくは、総務省の下記アドレスをクリック!
http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/080430_2_kojin.html
次は、宮城県と岩手県のホームページです。
http://www.pref.miyagi.jp/zeimu/hurusato/hurusato-miyagi.html
http://www5.pref.iwate.jp/~hp0106/gaiyou/furusato_nouzei/index.html
納税者がこの制度でふるさと等に寄付すれば、現在の住所に支払う税金がその分減額されることになり、住民税の一部を振り替えたたと同じ効果となる制度です。
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   
≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆

こちらの関連記事もおすすめです!