new_blog.gif

2008年06月27日

コミュニケーション・・・

毎月の月次決算や年一回の本決算をいかに早く行うかのカギは、経理と現場とのコミュニケーションをいかに高めるかということにつきるようです。

決算のおくれる会社は、決算が締まらないのを現場などのせいにしたりして、経理側から具体的なアクションを取っていないケースが多いようです。

経理と現場で次の点を決めておくし比較的スムーズに行くのではないでしょうか。

|がどの数値に対して責任を持つか。

何をもってOKとするか。

いつまで(期限)に確定させるか。

ざ盂曚確定しない場合の対処はどうするのか。

何のために決算をするのかという根本的な共通認識を持つことが最大のテーマではありますが・・・。

昨日、お客様企業を訪問した際に感じたことであります。

2007年04月13日

団体の会計監査・・・

平成19年度に突入し、企業以外の各種団体でも18年度の決算及び会計監査をする時期であります。

仕事柄、PTAや各種公益的団体の監査という役職を仰せつかる機会が多く、本日もとある団体の会計監査を実施。

決算や帳簿は正しくて当たり前で、とかくめくら判的な形で監査を終わらせることもあるようにきいたこともありますが、監査の目的は一般的にはその会の財産管理並びに出納事務の執行管理と考えます。

構成員から会費等の名目で応分の負担金をいただいて、当初の事業計画に従って事業を行う際に伴って支出が正しく処理され、決算書に反映しているかどうかをチェックすることは大事な役割であります。

また、執行部が記帳等の事務を誠意をもって実施してくれたことに対して感謝する意味としても、その内容の適正さについて確認しなければならないと考えております。

会費負担していただいている構成員に対しても正しい処理がおこなわれ、正しい予算執行とその処理がなされていることを報告することは大変重要な役割と認識し、職務を遂行させていただいております。

本日の会計監査は本年度で4回目でありました。

2007年03月29日

エクセルは感動の連続!?

世の中には、仕事とは別に世のため人のために損得ぬきでいろいろな分野で尽力されている方が多くおられます。

私自身過去も現在もお世話になったいる“日だまり”さんという方がおられます。この方は、温厚でいろいろ人の面倒見も言い方で尊敬する人の1人であります。

この方はなんと奇特なことにいろいろなパソコンのプログラムソフトを10以上も無料で提供していることです。

ぜひ、下記アドレスをクリックしていただければ幸いです。

フリーソフト(無料で使えるソフト)を惜しみなく公開するなんてすばらしいの一言です。

できばえも評価され、各種マスコミにも取り上げられるほどであります。

県内在住の団体職員としてばりばり活躍されている方であります。

「エクセルは感動の連続」と言い切るほどの人物。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA020931/

ということで(上の内容とは直接関係ありませんが)、エクセルを仕事に役立てようという趣旨で、当事務所では、4月3日より、エクセル講座を10回シリーズで開催いたします。かつてエクセル講師をつとめていた実績のある当事務所のインストラクターが講師です(わかりやすいと大変定評であったスタッフです)。

初心者大歓迎です。この機会にエクセルにトライしましょう。ちなみに受講料は10回でなんと10000円(別途資料代3000円)です。

詳しくは、当ホームページの右側の「最新情報」コーナーの上から2番目の項目をクリックください。

サイト内検索


最近のエントリー

  1. コミュニケーション・・・
  2. 団体の会計監査・・・
  3. エクセルは感動の連続!?