new_blog.gif

2010年05月15日

コピー用紙の裏は使うべからず・・・

プレジデント5/31号からです。

「コピー用紙の裏は使うべからず」経費節約の新常識

このタイトルで、環境経営略総研の井村哲之社長が語っています。

・・・最近は、大手企業からのコスト削減以来が増えている。こうした企業は成らずといっていいほど、若手の優秀な社員を集めてシャチ用の匿名チームをつくる。彼らが最初に手をつけるのが「コピー用紙」。裏紙にもコピーするようにしたり、できるだけ小さい紙にコピーするようにしたりという取り組みを始める。
もちろん、コピー用紙の削減は環境のためにいいこと。しかし、本当にコスト削減につながるのか。そもそもコピー用紙は1枚10銭程度。コピー機のカウンター料金のほうが格段に高いため、紙の使用量が減ってもコピー機の使用がへらないと効果がない。

成果が出ないことに手間をかけても意味はない。それどころか、裏紙を使うことで安心し、本来もっと効果が大きいはずの分野に目がいかないことが大半・・・


続いてコスト削減の提案が述べられています。

まず、コストの全体を把握する。
電気代や通信費など詳細な項目ごとに最低1年間の使用量と金額のデータを集める。
次にそれぞれのコストを3つに分類する。
1つ目は、電気代やガス代、水道代などの「エコエネルギーコスト」。
2つ目は、通信費やコピー代、家賃などの「オフィスコスト」。
3つ目は、人件費や物流費、商品ロス経費などの「オペレーションコスト」。
3分類したら、単位ごとの費用(原単位)を算出し、業界水準と比較し優先順位をきめる。それぞれのコスト削減に着手。
コスト削減の手法は費用対効果の高さから次の3種類。

1つ目は、おおもとの契約を見直す「調達改善」(単価引き下げや合い見積もり)。
2つ名は、ムダをみつけて使用量を最適化する「運用改善」(コピー量や電気をこまめに消す)。
3つ目は、設備を新たに投入することによってコストを削減する「設備改善」(省エネシステムやIP電話の導入など)。


経費の中でも電気料金を中心としたエネルギーコストの削減は、企業が一番手をつけない部分だとか。

契約の変更で10%を遙かに超える削減効果が出る場合も。

コピーもカウンター料金の引き下げ交渉を行ってみてはと述べています。


こうして削減されたものは、そのまま純利益となります。

金額目標を定め、削減できた金額の1/3を従業員に還元するのも方法だと付け加えています。

売上が1億円の企業の場合、100万円のコスト削減は1%の利益増と同じと考えると、経費削減を本腰をいれてとりくまないと、という考えになります。

ぜひ、経費削減の新常識を取り入れたいものですね!!


そういえば、先日とある方から、次のような話を聞きました。

「あるお客様から資料をお願いしたら郵便で届いたのですが、何とコピー用紙の裏側にお願いした事項が印刷されていた紙でした。その裏の印刷は、見てはいけないような重要な他社情報でしたが、その方にお知らせした方がいいでしょうか」という内容。

ぜひ、教えてあげるべきですよ、話させていただいた次第。

裏紙使用は、コスト削減になるどころか、情報漏洩の危険も伴い、会社存続の危機にも直面する事態になることも想定されます。

くれぐれも注意したいものですね。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆

2010年01月02日

新年は信念を持って・・・

本日は、正月2日。

新年は路面も凍り付くほどの寒いスタートです。

しかし、今日の書各百貨店の初売りの福袋は、例年以上の行列とか。

伊勢丹新潟店は、この寒い中、なんと開店前に4300人が列を作ったとのことです。

さい先のいい始まりのようです。


ところで、当事務所にも昨年以上の年賀状をお送りいただき心から感謝する次第であります。

時代を反映してか、メールなどアナログでの年賀も頂いております。

また、メルマガも新年ということで、年賀形式であります。


元旦に届いたそのメルマガの一つを紹介いたします。


発信者は杉浦誠司氏。

以前紹介した、「愛」と書いてあるのに、「ありがとう」とも読める字を書かれている方であります。

http://yume-arigatou.shop-pro.jp/?pid=14963656

漢字をよくみると「ありがとう」と書かれているのがわかりますよね。


では、ブログの一部を紹介いたします。

みなさん、新年明けましておめでとうございます!

さぁ今日は1月1日(良い日)

「月」の始まり「日」の始まり

明るいと言う字は「日」「月」で出来ていますね

一年の「計(ケイ)」は元旦にありですから明るいイメージをして一年の計画をすると
一年の「恵(ケイ)」も元旦から生まれるんじゃないかなぁ〜

そして新年は信念を持って!

今年の信念を決めましょう!!

一年は一念

一念発起して成し遂げる事を決心しましょう

寅年の「あいうえお作文」
と っても
ら っきー
ど こまでも
し あわせ続く

みなさんにとってそんな年になりますように…


毎日配信されるブログですのでよろしかったら登録を・・・。

http://ameblo.jp/yume-arigatou/

て新年は信念を持って、今年の信念を決めたいものですね!!


★★★ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を★★★

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif

2009年03月26日

2兆円の経済効果と消費税増税・・・

今年度もあと5日。

3月決算法人の決算日31日に向けてかのように、日経平均株価が上昇しています。

本日の終値は2ヶ月半ぶりの8600円台回復であります。

上場企業が株の含み損をどこまで縮小できるのか興味のあるところです。


さて、当加茂市は県内トップをきって定額給付金の支給を今週はじめから開始。

高速道路がETCで土日1000円乗り放題とあわせて、その経済効果がどの程度なのか興味があるところです。

次は、本日訪問させていただいたお客様企業で、社長様よりお聞きした内容です。

「当社は、ETCの取付依頼のお客様が多く、業績に貢献していますよ・・・」と。

さらに社長様曰く、

「この定額給付金で女房とゴールデンウィークにでも温泉にでも行こうかと話したところ、県内のある温泉地の旅館では、この定額給付金と1000円乗り放題を利用して、平日1泊2日10000円の料金を土曜日にも10000円として顧客増をねらっているところがあるというんですよ。宿泊客に高速を使ってマイカーで来てもらうとすると、来るときの高速代1000円、帰りの高速代1000円の2000円をあわせると、ちょうど定額給付金の12000円の出費で泊まれますよというのを売りにしているらしいそうですよ・・・」とも。

なるほどと思った次第であります。

皆さんは、定額給付金の使い道はどうされる予定ですか!?

この総額2兆円のツケが、あとになってどう跳ね返ってくるのか気になるところでありますが・・・。

予定されている消費税増税についてのその時期とアップ税率が気になるところであります。


たった今、子供が通う学校の先生方の異動に伴う送別懇親会に参加して帰ってきたところであります。

転出される先生方の労をねぎらい新天地での活躍を祈念した次第。

教職は、教育をつかさどるという意味。

あくまでも子供が主体。

学問だけでなく、子供の生き方や生きる力をどう教えるのか・・・。

すべては教員の子供に対する情熱の大小ではと痛感したところであります。

来る4月25日(土)に、西田文郎セミナー「ツキと運を身につける成功セミナー」を開催いたします。
どなたでもふるってご参加を!!

詳しくは、下記アドレスをクリック・・・

http://www.yamanobo-zeirishi.jp/new/

○○○このブログを書く励みになりますので、是非ご協力ください○○○

≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト3も夢ではありませんよ!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif 


2008年02月02日

確定申告を楽しむ・・・

いよいよ、今月18日から平成19年分の所得税の確定申告の受付が始まります。

どこの税理士事務所でも、この時期は繁忙期となる時。

当事務所も健康管理に気をつけて乗り切りたいものです。

当事務所が時々ご指導いただいている東京都内のとあるI税理士事務所のブログに、この時期を乗り切るためのシフトをつくられていると紹介されていました。

その事務所では全員が残業に入り、組織的に夕飯の計画的手配をされるとのこと。

その食事も飽きないようにと寿司屋さん、鰻屋さん、焼肉屋さん、弁当屋さんといった段取りのようです。

所長自らが「お茶菓子30袋」と、ドリンク剤500本、それに弁当の際の味噌汁150杯分を先日調達されたとのこと。

正社員が、終了の日まである種の闘いという意識で全員残業をするからだそうです。

しかし、お祭りのような覇気でもあるとか。

繁忙期の確定申告を楽しんでいるかのようですね。


当事務所も、風邪などひかずに前向きに確定申告を無事終了したいと考えています。

皆様のご協力をお願いいたします。

2008年01月05日

ポイントをつかむ・・・

昨日、年賀状を送らせていただいたN様より、メールをいただきました。

その一部を紹介します。

・・・いただきました年賀状にあります、
「明確な目標を定めその目標に向って進む(ウサギとカメより)」
「企業の改革は、今日やるか、一生やらないかのどちらか(池の中の蛙より)」
の2点の重要性を改めて認識し、‘08年を振り返った際に満足度の高い一年にしたいと考えております・・・

その年賀状に書かせていただいた、あの1000字以上もある文章(原文はこのブログの1月1日に掲載しています)を簡潔明快に、たった2行でまとめていただいてるではありませんか!

嬉しいの一言でした。

N様、今年1年ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

ぜひ、満足度の高い1年にしていただければ幸いです。

2007年12月27日

分をわきまえる・・・

先日、当事務所のあるK社長様が、「分をわきまえないと、後でしっぺ返しがくる」と述べられたのが印象的でした。

ネットで検索したところ、「分」とはそのグループや集まり、組織や社会の中での、立場や位置、役割のこと・・・。

人との関わりの中で必要なことは、自らの分をわきまえるということで、分と器(うつわ)とは違うとりこと。

分は大きくもなれば小さくもなり、同じ人が親になれば子にもなるからだと・・・。

自分自身がそれぞれの場でどのような分を担っているのか、それを常に見定めて行動しなければならない・・・。

自分自身の立場や状況でその時の分をわきまえた上で、いかにそれを相手に表現して伝えるか・・・、なかなかむずかしいことですが、重要なことであります。

「分をわきまえる」という本来の意味を理解し行動したいものです。

2007年12月26日

プラス思考・・・

先日、このコーナーでお知らせしたとおり「私は運がいい!!」シールが完成し、お客様企業訪問時に、贈呈させていただいておりますが、本日訪問させていただいたお客様からは、大好評。

特に奥様からは、「うれしい!」という言葉を頂きました。

早速、いろいろなところに貼っていただけるとのこと。こちらも嬉しい限りです。

シールを貼ったから運が良くなると言うことではありませんが、これを常に目にすることにより、プラス思考を心がけるきっかけになれば幸いであります

作成してよかったと思った瞬間です。

2007年12月23日

斎藤ひとりさんクイズ・・・

事業所得だけで1993年より全国高額納税者番付の10位以内に連続して登場されつづけた銀座まるかん創業者(あのスリムドカンのテレビCMでもおなじみです)、斎藤一人さんの「日本一の大金持ちの教え」というブログを毎週配信してもらって読ませていただいています。

ご承知の通り、斎藤一人さんの自己啓発の著書多数出版されております。

「困ったことは起こらない」という楽観的な基本姿勢を成功の秘訣としておられ、「幸せだなあ」「豊だなあ」「やってやれないことはない。やらずにできるわけがない」を口癖にして繰り返すと、実際にその通りになると述べられています。

最近では天国言葉「ツイてる」「うれしい」「たのしい」「しあわせ」「ありがとう」「感謝します」を紹介されこれらを天国言葉呼び、反対の意味を持つ「不平不満」「悪口」「泣き言」「文句」などの言葉のこと地獄言葉と言うのだそうです。

さらに、斎藤一人さんは、人の機嫌をとらずに自分の機嫌をとることにより、人生を幸せに生きていこうというのが基本的な考えの持ち主のようです。

その毎週届くブログに、その都度「斎藤一人さんクイズ」なるものが掲載されています。

そのクイズの中で、なるほどと思ったものを、その都度メモっていたもの(だいぶたまりましたので)を、紹介します。

Q. 斎藤一人さんが提唱されている運の強い人を見分ける秘訣とは何でしょうか。

A.『頭と顔と靴のツヤ』です。これらにツヤがあるかどうかで運の強い人かどうかが分かるそうです。

Q. 斎藤一人さんが商売をする上で押さえるべき法則として指摘されていることは何でしょうか。

A.『2対8の法則』です。商売は基本的に8割の多数派を顧客と考えて戦略を練ることが重要なのだそうです。

Q. 斎藤一人さんがおっしゃる、仕事に勢いをつける方法とはどのような方法でしょうか。

A.『自分のやりたいこと、簡単にできることから始めること』です。やらなければいけないことを優先してしまうと
気が重くなってしまうといいます。

Q. 斎藤一人さんがおっしゃる「繁盛のコツ」とは何でしょうか。

A.『お店を忙しいそうに見せること』です。お客さんはお店を満席か空いているかだけで判断するのだそうです。


Q. 斎藤一人さんは掃除の重要性を強調されていますがそれはどのような理由からでしょうか。

A.『掃除をきちんとすることで神様がツキを呼んでくれるから』です。掃除は運気を高めてくれるのだそうです。

Q. 斎藤一人さんは「お客さん」とはどういう人を指すとおっしゃっているでしょうか。

A.『自分にお金をくれる人』です。例えばサラリーマンの方は自社の社長さんが「お客さん」なのだそうです。

Q. 斎藤一人さんがおっしゃる「少数精鋭」とはどのような意味でしょうか。

A.『少数にしておくと精鋭になる』という意味です。精鋭を少数入れるという意味ではないそうです。

Q. 斎藤一人さんは叶えたい夢がある場合にはどのようにするとよいとおっしゃっているでしょうか。

A.『どんどん口に出して言うこと』です。そうすることで自分に必要なことが集まってくると言います。

Q. 斎藤一人さんは「人のいいところ」はどこに現れるとおっしゃっているでしょうか。

A.『いつも怒られていたこと』です。得意なことだけではなく、怒られていたことにもその人の特徴が現れるといいます。

Q. 斎藤一人さんが太陽のように輝いて生きるコツとして提唱されていることは何でしょうか。

A.『笑顔を絶やさないでいること』です。真理は非常に明快なことのようです。

地獄言葉をやめ天国言葉を口癖にしたいものですね。

2007年10月08日

人生を楽しむには他律的時間を自立的時間に・・・

先日届いたフナイFAXに、小山政彦メモとして、渡部昇一さんの「ものを考える人〜頭を良くする生活術」を読んで得た気づきが紹介されています。

以下その一部を紹介します。

|療生産をする上で、中断は致命的な障害となる。中断することなく、ものごとに熱中すれば、脳は最高の機能を発揮する。

高校時代に親や教師は、「1時間くらい勉強したら休憩をとりなさい」といったが、中断してしまったら脳の能力を向上させる臨界点を超えることができないことから、深い思考には至らない。まして、休憩のためにたばこを吸うなどは問題外で、たばこは百害あって一利なし。深い思考をするためには、中断しないでまとまった時間考える癖が必要。

△海弔海弔繁萋やり続けること。

何かを成したいと思うのであれば、継続して毎日やり続けることも大切。よほどのずばぬけた才能でない限り、人間の能力などはそう大差ないのだから、世の中で天才と呼ばれ大成する人と、そうでない人の違いは「やめずに続けられたかどうか」の違いでしかない。

集中して取り組み、適度な負荷をかけること。夢中になって楽しむ。

たとえば鉄アレイを毎日5回持ち上げる人が、10年同じことを続けても筋肉はつかないが、毎日100回を半年続ければそれなりに筋肉もつく。つまり、ある程度の負荷をかけ集中して取り組まなければ、能力の筋肉はつかない。
本気でものごとに取り組まない人は、ある一定のレベルまでは達することができても、それ以上にはなれない。たしかに凡人が天才になることはむずかしいが、それでも彼らが天才的な成果を収められたのは、継続的努力を続けたからにほかならない。必死で取り組んでいる時には、人は夢中になれるもの。人生を楽しめる人とは、他律的時間を自立的時間に変えられる人。つまり、目の前の仕事を「会社や上司に言われているから」取り組むのではなく「自分はこれを習得したい」と自らの成長の糧としてとらえ、積極的に取り組むことができる人のこと。このバランスがとれれば、仕事に夢中になれて最高の成果を収めることが出来、時間を有効できるのである。


人生は一度、悔いなく生きるためにも、“頭を良くする生活術”を身につけたいものです。

この書籍は、三笠書房より出版されています。早速購入して一読してみようと思います。

2007年08月26日

発想の転換・・・

日経ビジネス8月27日号に、渋谷で行列ができる店舗を紹介しています。

会員制のサンプル配布店舗「サンプル・ラボ」。

食品や日用雑貨メーカーの新製品や試供品が100種類以上展示されていて気に入った商品をタダで持ち帰ることができるというもの。

7月のオープンの時は1500人が押し寄せ1日5回も入れ替え制にしたほど。

仕組みは、企業が一カ所平均で25万円という展示スペース代と会員からの1000円の年会費およびアンケートの情報収集料。

すなわち、無料でサンプル品や新製品話もらえる代わりに後日携帯電話で商品に関するアンケートに回答する必要があるというもの。

ただし、会費は年間1000円で、一日につき、5品までの持ち帰りという設定。

それにしても、なるほどというアイデア商売であります。

無料という言葉にひかれ、女性客が殺到しているとか。

アンケートの回答についてもルールに従わない場合は退会手続きをとられるため、回答率はきわめて高いとか。

年内にも2号店を出店する計画とかで人気はまだまだ続きそうだというこてとです。

それにしても、ビジネスチャンスは何処にでも転がっているという例ですね。

昨日の研修も、この店舗も、発想の転換というのがキーワードのような気がいたします。

2007年07月02日

事実をどうとらえるか・・・

次の話は一度は聞いたことがある話だと思いすます。

ある靴メーカーがアフリカで販売計画をたてるために2人の営業マンを現地調査に派遣したときの話です。

「派遣された営業マンのうちの1人が“現地人は皆裸足です、靴を必要としません、販売は無理です”と報告してきた。もう1人は、“現地には靴はありません、靴の存在を知ったら飛ぶように売れると思います”と報告。」

当然社長がその報告を聞いてどちらを採用したかは言うまでもないことです。

同じ現実をみて全く違った報告が届いたわけですが、物事をどうとらえるかによって判断がわかれるというものですね。

こんな話を昨日訪問したお客様企業の社長様にしたところ、この靴メーカーを知っているとのこと。

神戸市にある会社だそうであります・・・。

サイト内検索


最近のエントリー

  1. コピー用紙の裏は使うべからず・・・
  2. 新年は信念を持って・・・
  3. 2兆円の経済効果と消費税増税・・・
  4. 確定申告を楽しむ・・・
  5. ポイントをつかむ・・・
  6. 分をわきまえる・・・
  7. プラス思考・・・
  8. 斎藤ひとりさんクイズ・・・
  9. 人生を楽しむには他律的時間を自立的時間に・・・
  10. 発想の転換・・・