new_blog.gif

2010年03月29日

値下げしても粗利益率はアップ・・・

本日発表された“ニトリ”の2010年2月期連結決算は、次の通り。

1.売上高・・・・2861億円(前期比17・3%増)

2.売上総利益・・1542億円(前期比22.5%増)

3.営業利益・・・・464億円(前期比40・4%増)

4.経常利益・・・・474億円(前期比39・6%増)

と大幅な増収増益であります。

売上高、経常利益は23年連続で過去最高を更新したとのこと。

「デフレは大いに結構。賃金が上がらない中で、価格を下げて顧客に喜んでもらっている」と、言い放つニトリの似鳥昭雄社長の言葉通り、2010年2月期中には3カ月に1度のペースで計4回実施した大幅な値下げ戦略や積極的な出店戦略が奏功し、来店客は既存店ベースで前期比16・2%増と急増したそうであります。

海外で生産した家具の輸入コストが円高のため大きく下がりしたのも利益が大きく伸ばした要因の一つとなっています(輸入比率は7割超)。

ユニクロとともにデフレ時代の“勝ち組”とも。


ちなみに、次は過去4年間の売上総利益率です。

2010年2月期 53.9%
2009年2月期 51.6%
2008年2月期 49.3%
2007年2月期 49.6%

なんと値下げをしているのに売上総利益率は、昨年を2.3%もアップ!!

当期純利益は売上の8.3%も。

自己資本比率は61.4%です。

ニトリの強みは、「低価格と高品質の両立、それプラス品揃え 」と論する雑誌も。

この3つを揃えることは並大抵のことではなく、ここが他社との差別化に成功している理由と評しています。

“高品質”とは、ちょっと意外であります・・・。


http://www.nitori.co.jp/ir/financial_information/6phc1300000001ea-att/20100329tanshin.pdf

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ 

2009年03月25日

社長が常に数字に向き合う・・・

次は、先日の法人会主催のセミナーで話させていただいた簡単なクイズです。

○当社は売上高に占める仕入れの割合が高く、粗利益が低い会社です。
業績内容は次の通り(単位は百万円)。

1.売上高       3146
2.仕入        2674
3.粗利益        472(15%)
4.人件費及び経費  442
5.経常利益       30
  
現在「30」の利益を倍増させるために、この会社の社長は〜突率はそのままに売上を増やす、売上はそのままに粗利益率を上げる、の2案を考えました。

,両豺腓浪拭麈箴紊鯀やさなければならないのか、また、△両豺腓倭突益率を何%上げなければならないのでしょうか。

答え・・・

,両豺腓蓮売上を6%増の「3335」にすることによって達成。

1.売上高       3335
2.仕入        2835
3.粗利益       500(15%)
4.人件費及び経費  442
5.経常利益       58

△両豺腓蓮∩突益率を「1%増」で達成。

1.売上高       3146
2.仕入        2643
3.粗利益        503(16%)
4.人件費及び経費  442
5.経常利益       61

この粗利益率の低いこの会社の取るべき戦略としては、利益率管理を優先に行い、次に売上を伸ばす戦略をとる。

つまり、この会社の社長がチェックすべきなのは、額よりも率ということになります。

会社の数字は、“率”でみるよりも、“額”で見た方が大事ですが、自社の事業構造によっては利益率を重視しなければならない場合もあるという結論であります。

以上は、武蔵野の小山昇氏の“社長!数字はココを見なくっちゃ!”に掲載されている「第1章、見るべき数字をみていなければ、会社は絶対に儲からない」からの引用であります。

いずれにしても、社長が常に数字に向き合うこと、見たくない数字も見ることによって、有効な次の一手が自ずと見えてくるというものであります。

思いつきに、リストラとか、新規融資を受けるのではなく・・・・。

まさに武蔵野の小山社長が行っている『社長の人格は“数字”で決まる』であります。

WBCに出場したイチロー選手や松坂選手の事前の注目度が高かったのも、実績という数字がベースにあるからではないでしょうか。


本日訪問させていただいたお客様企業で、同席いただいたコンサルタントの先生が「県内でもようやく底を打った業種も出始めましたね。」と、一言。

ちなみにどんな業種でしょうかという質問に、「例えば金属加工業などです・・・」と。

いずれにしても、明るいニュースであります。

来る4月25日(土)に、西田文郎セミナー「ツキと運を身につける成功セミナー」を開催いたします。
どなたでもふるってご参加を!!

詳しくは、下記アドレスをクリック・・・

http://www.yamanobo-zeirishi.jp/new/

○○○このブログを書く励みになりますので、是非ご協力ください○○○

≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト3も夢ではありませんよ!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif 

2009年01月05日

磨き屋シンジケートが報道ステーションで・・・

本日5日は当事務所の仕事始め。

全員が最高の笑顔で出社いただいてのほぼ一週間ぶりの業務開始であります。

恒例により全員で新年会の意味を込めて昼食会の開催。

その後、夕方まで当事務所の今後のあり方についての全員ディスカッションを実施した次第であります。

先ほど何気なくつけたテレビに、なんとあの磨き屋シンジケートが・・・。

その番組はテレビ朝日の「報道ステーション」で、10分以上にわたって取り上げ、この不況下、注文が殺到する理由についての紹介でありました。

磨き屋シンジケートは、隣の燕市の商工会議所の高野さんが裏方役となって市内の研磨業者をとりまとめ、その技術の粋を極めた仕上がりが評価されている知る人ぞ知る集団。

今回は、エコカップやプライベートジェット機の翼の研磨の様子を中心に紹介。

そのメンバーの方が曰く。

「どんなに難しい仕事が来ても大丈夫。私たちには技術があるから。」というようなコメントをしていたのが印象的でした。

そのせいで、休日返上で仕事をこなしているそうです。

身近なところでの取り組みが紹介されたことは、うれしい限りであります。

不景気で業績悪化などマイナスのニュースが多い中で、この報道ステーションがこの磨き屋シンジケートを取り上げてくれたことは評価に値することであります。

こんな時代だからこそ、このようにがんばって結果を出している取り組みを毎日のように取材し報道してもらいたいものです。

http://www.migaki.com/

ちなみに、紹介されたエコカップでビールを注ぐと泡がクリーミーになりおいしく飲めるそうですよ・・・。

http://www.migaki.com/mycup.html


≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト2も夢ではありませんよ!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif 


2008年10月15日

売れるべくして売れる仕組み作り・・・

予想通り、昨日の東京市場日経平均株価は上昇。

過去最大の上げ幅である14%を超える上昇率を記録。

何と全銘柄の98%が値上がりし、これも過去最多だそうであります。

これで上げ下げを繰り返しながら上昇傾向に転じていくのでしょうか。

ここに来て長期金利の上昇が加速しています。赤字国債の増発が意識され出すと更に急伸する可能性があるとか。注目したいところです。


話は変わります。

昨日担当スタッフと決算説明のためお客様企業(従業員10人未満の製造業)に訪問し、説明している最中に、何本かの製品の注文の電話が・・・。

こちらの企業では、自社のホームページに製品を紹介し、こんな経済環境でも着実に売上を大幅に伸ばされています。

この日も、一般顧客からホームページを見ながらフリーダイヤルを使っての電話注文。

売るべくして売れる仕組み作りを行い、着実に受注につなげ結果を出されている元氣企業であります。

ホームページのトップページにフリーダイヤルを掲載しておくことが、受注を増やしている一因のようです。

発信はデジタルで、受信はアナログということですね・・・。

2008年03月18日

伸びる会社・・・

昨日、机周りを整理していたところ、なんと毎月届いている雑誌等でまだ封も開けていないものをいくつか発見。

次はその中の一つ(数ヶ月前に届いていた雑誌)に書かれていた内容(とある税理士の顧問先の勝ち組・負け組の原因を追及したもの)の一部です。

タイトルは「サルでもわかる“伸びる会社”・“伸びない会社”」。

まず、伸びる会社は

,れいな会社
⊆卍垢不在でも社員の勤務態度が違わない会社
G間予定表、就業規則、年間経営計画等、約束事が明確な会社
ぅ僖愁灰鷁宗Ε轡好謄牴修進んでいる会社
シなことから逃げない社長
ΣJ舛任覆ぜ卍
Ъめた社員の悪口を言わない会社
┿簍私欲、公私混同のない会社
夢ばかり追わず、しっかりと現実を見る社長・・・等々

逆に次のような社長の会社は負け組。

.僖愁灰鵑鮖箸┐覆ぜ卍
∩輜世世韻亮卍
Mソ┐僻崙がいない会社
ち挙づき・名誉づきの社長
ド垓靴篌勸等他人のせいにする社長
質問したら怒り出す社長
Д肇ぅ譴留い会社・・・等々

長年のクライアント先とのかかりの中で気づいた事項のようです。

完璧な人間はあり得ないと思いますが、いいところを伸ばすことによって欠点の存在をうすくすることも大事なのでは。

自身も新たな気づきを得たところです。


昨夜は、予定通り確定申告の打ち上げ。

カラオケで大盛り上がり。

音痴である私にマイクをふられるたびに、曲がつかないカラオケ(つまり、せりふのみ)はないものでしょうか。

みなさん、本当におつかれさまでした!!

サイト内検索


最近のエントリー

  1. 値下げしても粗利益率はアップ・・・
  2. 社長が常に数字に向き合う・・・
  3. 磨き屋シンジケートが報道ステーションで・・・
  4. 売れるべくして売れる仕組み作り・・・
  5. 伸びる会社・・・