new_blog.gif

2008年01月31日

嬉しいコメント・・・

本日、大変嬉しいコメントをいただきました(30日のひとりごとの下のComments欄をクリックを・・・)。

何事も、やる前からむずかしい、できるはずないと考えがちですが、やってみなければわからない事は多々あります。準備することをしつくして行動した成果ということですね。

取引金融機関に、貸付枠(当座借り越し契約)を広げて欲しいとお願いしたところ、保証協会がうんと言わないと思うからダメだと断られ続けていたという相談。であれば、直接保証協会に聞いて見るべきだという話をさせていただいた結果、OKになったという報告です(そのためには、綿密な具体的な売上計画をはじめとする利益計画、向こう半年間のキャッシュフロー計算書等の事業計画を綿密に作成頂いた上でのことです)。

当面の運転資金を確保することで、その後の事業が順調に推移すると言うことが確信もてるという場合は、前向きの資金手当ですので、誠意を持って対応すれば必ずや結果が出るもの。

本当に嬉しいの一言でした。

コメントありがとうございました。

業績改善に向けて、更なる具体的行動を致しましょう。

当事務所も、全力でご支援申し上げます。

コメント欄に書かせていただいた田中真澄先生のカレンダーですが、おすすめですよ。

下記アドレスをクリックしてみてください。

http://www.pulse-p.co.jp/index.asp?patten_cd=12&page_no=52


ところで、おかげさまで、当ホームページのアクセス数が本日120000回を達成しました。

本当にありがとうございます。

はたして、記念の120000人目の方はどなただったでしょうか。

記念品を贈呈したいと思っております。


2008年01月30日

私は運がいい・・・

本日担当スタッフと共に訪問させていただいたお客様企業でのことです。

昨年末、当事務所作成の「私は運がいい!!」シールをお客様企業に配布させていただいていたのですが、その社長さん曰く、「シールをいろいろなところに貼っているのですが、運が良くならないと思っていたところ、先日、近隣から環境に関するクレームがあり、気がつくと、それがすごいチャンスだと言うことに気がつき、ある決断をすることができました。」と。

専務さんも「本当に運が良くて、これはすごいチャンスと思いました」と、話していただいたところです。

いろいろな決断をするには、何かのきっかけが必要のケースが多いと思いますが、それをチャンスと思うか思わないかは、その人の受け取り方であります。

私どもの「私は運がいい!!」シールのおかげと言っていただき嬉しい限りでありました。

2008年01月29日

いろいろな気づきの日・・・

昨日は、いろいろな気づきの一日でありました。

まず一つ目は、物事を伝えることの難しさ。

まさに「担雪埋井(たんせつまいせい)」。すなわち、“雪を担いで井戸を埋める”を痛感した次第です。

何回も繰り返し繰り返し井戸に雪を入れて埋めようとしても井戸を埋め尽くすことはできない。しかし、井戸を埋めるという結果を求めていることではなく、たとえ無理だと分かっていても、それをやり続ける事こそが大事であるという意味と解しています。

まさに、これを痛感した次第です。

伝えることは伝えたのだから、それを理解しないのが悪いというスタンスはあってはならないというのも言語道断と考えます。

もう一つ。

「終わりよければすべてよし」ということわざがありますが、またまたこれ体感したところです。

あることがらの関わりで、後味が悪い終わり方を昨日味わったためです。

終わり方一つで今での関わりの成果や努力が、全て帳消しになってしまう事にもなりかねません。

あえて、当事者の方にその旨話させていただいたところです。

人のふり見て・・・ではありませんが、自身も気をつけたいものです。

2008年01月28日

うれしいメールが・・・

なんと嬉しいことに、先日25日に「簡単な決算書の読み方・使い方」というテーマで講演させていただいた際の受講者のお一人から、先ほど感想のメールをいただきました。

講師冥利に尽きる内容で、本当に「嬉しい」の一言です。

その一部を紹介します。

・・・何より先生の素人でも分り易いお話は、とかく経理関係のお話や本でよくある内容とは違い、比較的ギブアップぎみの人や、分ったふりをしている人などにも改めて興味を持たせる内容であったと話しております。
実際、「さおだけ屋はなぜつぶれないetc」や「社長のベンツはetc」などの本は素人向けに専門用語を使わず分りやすく書いたなどと書いてありますが、実際とかけ離れすぎて実感が湧かず、解ったような解らなかったような感じでした。
私たちが日々実感している疑問に立ち向かうきっかけとなり、またお願いしたいとの話が進んでおります・・・

・・・実際、私自身の長年の呪縛が先生の一言で解き放たれてずいぶん楽になりました・・・

・・・やはり、「従業員に給料を払わなくてはいけない!これは利益を上げなくてはいけないんだ!」との信念で必死に仕事をしてきました。
先生の一言で心に潜むわだかまりや意地が解き放たれた気がしました。
大げさに聞こえるかもしれませんが本心です・・・

・・・やっとたどり着いた現状の一番の悩みを取り除いていただき感謝しております・・・

全文(長文でありました)はご紹介できませんが、本当にうれしいの一言です。

こちらこそありがとうございました。

ぜひ、またお話しさせていただける機会をいただければと思います。

いつも話させていただくたびに、受講者以上に私自身がいちばん勉強になっているところです。

企業の永続発展は、利益を出し続けること。それもキャッシュフロー経営に基づいたものでなければなりません。

そのためには、自社の会社の毎月の経営成績(P/L)や財政状態(B/S)を正確かつタイムリーに把握しなければなりません。

そこから、問題点や課題を導き出して、明日からの経営に役立てることが全てです。

目標経営(経営計画)も欠かすことのできないことの一つです。


ぜひ、頑張りましょう!!

もし、ご都合が付くようであれば、来月13日に三条市内で黒字経営をテーマにしたセミナーを実施いたしますので、その際に再会できれば幸いです。

http://www.yamanobo-zeirishi.jp/new/2008/01/213.html

きっと、お役にたてると確信いたしております。


早速、お礼のメールを送らせていただいたところです。

2008年01月27日

住みよい地域づくり・・・

先ほどまで、恒例の地元の町内会(旭町)新年会に参加。

30名弱の参加でありましたが、住みよい地域とするために共に力を合わせようと言うことで大盛り上がりの一時でありました。

今年も、わが町内の住民である菊田真紀子衆議院議員も参加。

町内論議から国政レベルの論議に拍車がかかったのは言うまでもありません。

菊田議員は、いつものように黄色いジャケット。ストッキングまで黄色でありました。

議員曰く・・・“現首相は、ちまたではYKと呼ばれています。政権が交代しない国は、中国と北朝鮮と日本だけ。政治を変えなければ”と。

大変有意義な新年会となったところです。

ちなみに、YKとは、「やる気がない」という意味だとか。


2008年01月26日

所得税の確定申告

いよいよ今年も所得税の確定申告の時期であります。

今日は、納税相談ということで、とある団体に所属する方々の確定申告についての相談の対応を実施。

約10数名の方々に対して個々に実施させていただいたところですが、今回の平成19年分所得税の確定申告の際に注意すべき主な点は次の通りです。

‘段霧裟任稜兒

平成18年分をもって、廃止されました。

⊇蠧誓芭┐硫正

今までは4段階でしたが、改正後は6段階になり、税率も大幅に引き下げられています(住民税がその分増えることになります)。

8魂曾却費の計算方法の改正

平成19年4月1日以降に取得した減価償却資産から、償却可能限度額(取得価額の95%相当額)及び残存価額が廃止及び「残存簿価1円」まで償却(割増償却や特別償却も廃止や改正もあります)となりました。

ご麌躑盥欺

総所得金額の30%から40%に引き上げられました。

ッ録綿欷盈噌欺

短期の損害保険料控除(3000円)がなくなり、新たに設けられました(最高50000円)。

住宅借入等特別控除の控除額の特例

新たに控除期間15年バージョンが新設され、従来の控除期間10年バージョンとの選択制(控除率が違います)となりました。
   
電子申告控除

電子申告する場合は、一定の要件に該当する場合に5000円の税額控除ができます。

電子申告の場合の第3者作成書類の添付省略

電子申告の場合には、源泉徴収票や医療費控除の際の医療費の領収書は添付省略することができます。


申告期限は3月17日ですが、早めの準備早めの申告をしたいものですね。


2008年01月25日

決算書の見方・・・

栃尾は思っいたよりも雪の積雪は少なかったですが、帰りは、猛吹雪で前が見えないような状態での運転。

先ほど夜10時半すぎにようやく事務所に帰所。

「簡単な決算書の読み方・使い方」というテーマでの講演依頼を頂き、約2時間ほど栃尾産業交流センターにて話させていただいたところです。

具体的な2期比較の決算書をもちいながらの解説。

B/Sを人間にたとえての健康診断(高脂血症や糖尿病等の事例)、企業格付けの仕方の説明等々を実施。

話に夢中になりすぎ、30分も時間をオーバーしてしまったところです。

いずれにしても、比率分析ではなく、金額がどう変わったかをつかむことの大切さを力説。

まず、会社がどうあるべきかを社長自らが決定することが大事であるということを話させていただき、最後を締めくくった次第。

楽しい一時でありました。

参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

2008年01月24日

経営セミナー

昨日は、東京へ。

新潟は雪が降っていないのに、東京は一面真っ白。まさに新潟にいるような光景でありました。

株式会社武蔵野の小山昇社長の経営セミナー参加のための出張でありました。

小山社長の著書「社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!」がベストセラーになっているということでの記念特別講演であります。

その際の小山語録をいくつかメモしたものを紹介します。

「数字で知りたくない現実を知る」

「数字を見ていないから対応が遅くなる」

「このままいったらだめだと気づくこと」

「会社はやり方できまるのではなく、決定で決まる」

「数字で示すことが大事、正しいか正しくないかではなく、早いか遅いか」

「増収増益部門でもやめるときはやめる」

「売上が上がっても喜んでいられない場合もある。相場が影響する品物は取扱数量が減っている場合もあるから」

「過去と他人は変えられない」

「会社の実態が何も変わっていないのにやり方によっては金利を下げらせれる」

「支払手形があるうちは倒産がありえる」

「手形発行会社は売上がおちると倒産」

「よい会社悪い会社ではなくよい社長悪い社長」

「業績があがる所だけに特化する」

「土地地代毎月30万円払うより土地を買って毎月30万円払った方がいいというのは間違い」

「数字より図やグラフでみる」

「なしとリンゴの話」

「無駄な資産をなくす、総資産の圧縮」

「B/Sの左は下から上へ 右は上から下へシフトする」

「一生懸命だけではだめ 成績が上がるように適当にやる」

「数字責任を持たせること」

「自分と比較する」

などなど。

目から鱗の4時間でありました。

一緒に参加いただいたU社長様、お疲れ様でした。

次回、訪問時にフォローさせていただきます。

2008年01月23日

登山隊を目指す・・・

企業は、業種を問わず、一つの登山隊とよく似ているとか。

メンバーがそれぞれの「役割」や「目標」を達成することにより、大目標の「全員達成」を目指すからだそうです。

仮に隊員の無線機が万が一故障した場合、登頂成功はおぼつかなくなります。

企業では、その「無線機」に当たるものが「報告・連絡・相談」であると、今日の「職場の教養」に書かれています。

今日の朝礼でこの「職場の教養」を輪読し、なるほど!と思ったので、以下、その内容を紹介します。

「報告」・・・単なる事実と結果の報告を超え、改善提案による改革を生み出すもの。

「連絡」・・・事実の共有にとどまらず、高度な知恵と情報を提供する経営資源となる。

「相談」・・・上司への依存ではなく新たな創造と企業活力を生み出すもの。

悪天候の中で、転落するか、それとも見事に頂上を極めるか、まさにそれは、「報・連・相」の「質と安定」にかかっている。

スタンドプレーに走り部下の手柄を横取りする幹部と、面従腹背(表面上は従うように装うが、内心は反抗すること)の不満社員がいるだけで、転落の可能性はいっそう高まる。

「企業(当事務所も)は登山隊」でありたいね!と、スタッフと話し合ったところです。

2008年01月22日

できたてのパン・・・

次は、本日の新潟日報にA4版の半分くらいの面積で紹介されていた燕市のパン屋さんです。

「とにかく、できたてのパンを食べてほしい!」というd社長さんの願いで取り組んでいるお店です。

たとえば人気のカレーパンは一日200個は売れているそうですが、揚げたてをある一定の数量並べて、残りわずかになるやいなや、また、揚げたてを並べると言うことの繰り返しで、なんと1日に20回〜30回にわけて店頭にならべているという徹底ぶり。

これはカレーパンに限らず、全てのパンができたてを提供するというお店です。

それらが評価されてか、このたび第17回優良経営食料品小売店等全国コンクールで、みごと全国最優秀賞に次ぐ「農林水産省総合食料局長賞」に輝いたとか。

ぜひ、一度、できたてのパンをお試しを。

場所は、燕市水道町3の「マールさんの石窯パン工房 銀の麦」です。

値段も手頃でいつも大勢のお客さんで混み合っていますよ。

私は、パンだけでなく、このお店のフライドチキンも大好きです。

店頭にひげのおじさんの人形がたっている大手ファーストフードのフライドチキンよりも我が家の子供たちもはおいしいといって食べています。

ぜひ一度、トライして見てください!

駐車場も、どでかいですよ!!

2008年01月21日

IT研修・・・

本日は、久々に加藤忠宏先生に静岡の地よりおいでいただいてのITセミナーの開催でありました。

ご参加いただいた大勢の皆様、本当にお疲れ様でした。

セミナーは夜の開催でありましたが、それに先立ち、午後1時30分からは、当事務所スタッフのための研修会も実施していただいたところです。

税理士事務所として、お客様企業に現在のITが進んでいる状況において、どのようにサポートしていかなければならないかを、具体的にご指導頂いた次第です。

ホームページをつくって更新し続けることが全てではありませんが、企業を永続発展させるには、その意志を自社のホームページで表現するということは、必要最低限の時代のようです。

ホームページは、広く世の中に自社の得意とする商品やサービスをよりわかりやすく伝えるチャンスの場。

あらためて、自社を見つめ直すいい機会のようです。

職員研修では、「アクセスログ分析とEebサイトの運用」について、夜のお客様に対しての研修では「2008年インターネットビジネスの傾向と対策」というテーマで研修したところです。

次回は、4月。

大勢の方の参加をお待ちしています・・・。

2008年01月20日

経費節減!?・・・

昨日の東京出張の際、時間があったので、八重洲ブックセンターに立ち寄り、本の購入。さらに、秋葉のヨドバシカメラAKABA店へ。

ビルすべてが、ヨドバシの売り場でありながらどのフロアも人・人・人でいっぱいでありました。

そんな中、たまたま、1階の携帯売り場の前を通り過ぎようとしたら、なにやらタイムバーゲンなるものをやっているではありませんか。興味本位に除いてみると、ソフトバンクの型落ちの携帯のデスカウントセール(数量限定であります)。

なんと、携帯がびっくりするほどの安価で買えて、さらに、3ヶ月目から24ヶ月目までが、使い方によっては支払いがなんと7円だけで済むというではありませんか。

担当者から説明を聞くとわかったようなわからないような話。とにかくお買い得ということで、経費節減のために複数台購入した次第です。

業務に使ってもらおうと思うのですが、果たして結果は・・・。

乞うご期待!?

2008年01月19日

企業永続のためには・・・

今日は、またまた東京出張。

活学塾で、年2回ほど、講師として当事務所においでいただいている佐々木直先生の新刊本出版記念パーティに出席のためです。

本のタイトルは「企業永続論」。中央経済社からの出版です。

創業200年超の企業を事例として取り上げ、永続企業に共通する経営理念や手法が紹介されています。

この書籍の中には、あの「ワタミ株式会社」も、200年後も通用する「社是・社訓」というコーナーに登場しています。

なんと、このパーティーの発起人の一人が、そのワタミの渡邊美樹社長であります。当日は、所要で出席されていませんでしたが、生花が届けられていました。

今年も、活学塾は7月8日の開催です。当事務所研修室で行いますので多数の参加をお待ちしています。参加費は無料ですよ。


話は変わります。

17日のこのひとりごとにコメントを頂いた田沢様。いつもありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2008年01月18日

至福のひと時・・・

今日は、昼食を取る時間がなかったので、ちょうどこのコーナーで昨日紹介した回転寿司店方面に出かけたので、午後3時過ぎにそのお店で軽く腹ごしらえと思い食しに(短時間に食べられると思ったため)。

ちょうどお昼のピークが終わり、来店客はゼロ。店長のみがカウンターの中におりネタの仕込み中でありました。

これは幸いと思い、食べたいネタをオーダーしはじめた次第。

しばらくすると、板長がこられ、店長と交代。

いずれにしても、カウンター内は板長一人状態。

今日のおすすめの「佐渡産天然寒ブリ」がおいしくつい3皿も食した次第。

他に「天然本マグロ」「生ヤリイカ」もおいしくいただいたところです。

今日もいつものように板長さんが「寒ブリ中おちはいかがですか」と声をかけていただいたので、さっそくそれをお願いします・・・と。

さすがにお勧めの品は大変美味でありました。

4〜5枚で終わろうと思っていたのですが、なんと11皿も。そのほかに味噌汁2杯。

やはり、店内も、ネタも、生臭さがないのがいいようです(板長自身がそう話してくれました)。

至福のひと時でありました。 やはり食べ過ぎのようでありました。

2008年01月17日

おいしい店2店・・・

今日は税理士会三条支部の新年会。

三条市内の評判のいいとある割烹での開催でありました。

その宴席の際、たまたま隣に座られた我が税理士会三条支部事務局員Sさんが私に、「所長のひとりごとコーナーで時々登場する回転寿司店は何という店ですか?」との質問。

当事務所のこのこのコーナーを時々読んでいただいているということでの質問でありました。

早速「それは、・・・・」と、そのお店の場所と私自身が気に入っている理由等を長々と話させていただいた次第。

Sさん曰く、「ぜひ家族で行ってみることにします!」と。

ならばということで「この10%割引券をつかうといいですよ」と、利用の際に押してもらうことでたまったスタンプカードを贈呈させていただいたところです。

ついでに、あの「私は運がいい!!」も差し上げた次第。

それにしても、こちらの割烹の料理は、今日も最高でありました。

特に刺身と茶碗蒸しは何とも言えない絶妙な味でありました。

盛りつけの器も、全体で春をイメージしたものでありました。

近いうちにもう一度来たいと思ったくらいであります。

2008年01月16日

仕事は関わり方・・・

今朝も新雪が20僂曚鼻

しかし、今日は、毎年1月の恒例行事化している研修会参加のため、東京へ(従来は1月11日でしたが、ここ数年は1月16日の開催です)。

この研修会は毎年参加者が増え、今年は何と600名弱もの参加でありました。。

その研修時、講師の先生の話に引き込まれ、無心になって聞き込んだ次第。

まさに目からうろこであり、物事のあり方、考え方について考えさせられた貴重な一時でありました。

次はその講演の中でのその先生が体験したエピソードの一つです。

・・・出張した際に着いた駅から目的の会社に向かうために乗ろうとしたタクシーの話です。
そのタクシーの運転手さんは、車から降りてきて、地面に頭がつくくらい深々と頭を下げて、「ありがとうございます」と言って、更に続けて、「頑張ります」と。
私は、頑張ってスピードを出すといけないから、「頑張らなくていいですよ」と、思わず返答をしたほどでした。
早速タクシーのドアを外側から手で開けていただき、乗車すると、すかさず手でさっとドアを閉めて、運転席に行って運転を始めました。
乗車中に「何をそんなに頑張るんですか」と、聞いたところ、その運転手さんは、「乗っていただいているお客様が仮に片足で立っていても動いていることに気づかれないように運転することを目指ざしています!」と。
そして、更に「私自身が努力してこの会社を日本一にすることを目指しています」と更に一言。
更にその運転手さんは、「私の車に乗車されたお客様はみんな笑顔になって降りてくれます」とも。
そして、その運転手さんは私がタクシーから下車する際に、すかさず、自分の携帯電話の番号が書かれた名刺を私に差し出し、「ご用命があればいつでも私にご連絡ください」と、一言。
そのタクシーで向かった訪問先の社長に今体験したことを一通り話しをしたところ、「そのタクシーはどこのタクシーの何という運転手さんが運転する車ですか」と興味を示されました。
所用が済んでさあ帰ろうという時間になったとき、先方の社長がその運転手さんのタクシーを呼びましょうということで、待つことになりました。
なぜか、タクシーを待っていると、その玄関の廻りに大勢の人人人ではありませんか。
その噂のタクシーの運転手さんを一目見ようとその会社の社員が駆け寄ったのだということがわかりました。
そうこうしていると、その噂のタクシーがこちらに向かってくるやいなや、その一目見ようと集まったギャラリーから拍手が。その拍手の渦の中をゆっくりとタクシーは迎えられ玄関に無事到着したのはいうまでもありません・・・。

記憶の限り書いたつもりですが、多少表現が違っているかもしれないという点はお許しください。

以後、この会社は、タクシーを呼ぶ際は、常にこの運転手さんの携帯に電話して来ていただいてるそうです。


この事例で言いたいことは、要は、全ては「私(自分)次第」。「今できることで感動させる」ということのようです。

仕事は関わり方。自分がやっていることは他人に関わること。その自分の意識が変わったとき、仕事が感動に変わる瞬間だと力説。

何事も自分次第で全てが変わる、また、変えることができるとも・・・。

また、講師の先生が体験した「駐車場の管理人さんの話」も感動したところです。具体的内容の紹介は後日と致します。

90分ほどの講演でありましたが、明日からの行動を変えようと決意した次第です。

まさに、目からうろこ。感謝・感謝・感謝です。


ちなみに、この講師の先生が、毎日朝6時に、「夢を実現するための元気言葉」をメルマガで配信しています。無料ですのでぜひご利用されてはいかがでしょうか。

アドレスは、次の通り。

http://www.entre.co.jp/mag/index.html

2008年01月15日

決算書の見方・・・

本日は、夜6時30分より、所内研修室にて昨年から月1回開催している事業承継セミナーを実施。いよいよ、3回目となりました。

最も大事な決算書の見方及び意味するものというテーマで今回と次回で終わらせることとしています。

つい熱が入り2時間はあっという間に過ぎ時間オーバーをしてしまったところです。

〃荵蚕颪箸
△修慮方
その意味することは
等々
について具体的な決算書2期分を見ての研修。

事例の企業は増収減益で、設備過多、債権回転期間や棚卸回転期間が大幅に悪化している事例。

その結果総資本が大幅に増加。

更に、売上は伸びているものの、売上総利益率が悪化し、販売管理費が売上以上に増加し、経常利益がほとんどゼロに。

苦し紛れに保有している株式を売却してわずかながらの特別利益を計上し、何とか利益を念出しているという事例。

参加いただいた事業後継者の皆さんが今後この事例の企業と新規の取引をしても大丈夫かどうかという観点でこの決算書から気づいた点をそれぞれ述べていただいたところです。

本当にお疲れ様でした。

その後の懇親会にもお呼びいただき誠にありがとうございました。

あと、9ヶ月で9回ですが、頑張りましょう。

2008年01月14日

経営に役立つ気づきのフレーズか毎日配信・・・

今月からお客様企業訪問時に、「25時間戦う!!社長の経営刺激マガジン 社長25h」という月刊誌を配布させていただいております。A4版40ページほどの雑誌ですが、結構おもしろくまた、元氣を与えてくれる内容ですので、ご期待ください。監査時に担当スタッフが持参し忘れているような場合は遠慮なく申し出ください。

なお、昨年末に、「365マネジメントノート」を贈呈させていただきましたが、ぜひ、有効活用していただければ幸いです。

365日毎日、役立つメッセージが書かれています。

ちなみに今日1月14日は 「税理士を申告の代理人と考えている間は、あなたのビジネスは成長しない。」 明日15日は「あなたのビジネスの競争相手が、本当は誰であるかを知りなさい。誰が、あなたのビジネスと同じ方向にいるのかを知りなさい。」

なお、この365マネジメントノートに書かれている経営の気づきのフレーズか毎日配信するサービスがありますのでぜひご利用ください。下記のウェブの右側に入力欄がありますのでぜひ、登録を・・・。

http://www.keieikeikaku.com/

2008年01月13日

風邪予防法・・・

今朝は風雪の寒い朝です。

気温は氷点下です。

予報では、向こう一週間は雪マーク。

これからが冬本番です。


昨日の日経新聞に「就寝中こそ風邪予防」という記事が書かれていました。

朝起きたらのどが痛いという経験をする方も多いとのことで、就寝中こそ風邪の予防をすべきという記事です。

具体的には、次の2つ。
,未譽泪好をして寝る。
⊆鵑縫織ルを巻いて寝る。

こけを読んでびっくり。実は、何を隠そう、私自身はもう10数年来、冬には柔らかめのタオルを首に巻いて毎日眠りに着くことにしていたからです。

ということは、正しい風邪の予防を長年していたということになります。

本当に暖かく眠りにつくことができますのでぜひ、首にタオルを緩やか目に巻いて寝てみてください。

ぜひ、おためしあれ。


同じくこの日の日経に「仕事の品格磨くには」という記事が掲載されていました。

職場には、正社員あり派遣社員や出向社員と働き方の異なる人が同じ職場に集まっているが、だからこそ互いに気持ちよく働ける環境作りが大切であるという内容。

こちらの目を見ることもなく、何かをしながら「はい、これ」みたいに書類を渡されるとカチンとくる。正社員も派遣社員も同じ職場の一員なのに、派遣社員やアルバイトの社員などに見下すような態度を取る正社員が少なくないとか。

そこで、この記事では、「職場で品格のある人になるための10カ条」として次の10項目が書かれていました。

1.名前で呼ぶ
2.誤った優越感を持たない
3.感謝の念を忘れない
4.気持ちを言葉で表す
5.気を遣いすぎない
6.要求を明確に
7.頼むことに慣れる
8.被害者意識を持たない
9.仲間はずれにしない
10.距離感を保つ

すべて当たり前といえば当たり前のことですが・・・。

仕事の品格を今まで以上に磨きたいものです。

2008年01月12日

オンリーワン・・・

まだ記憶に新しい、昨年末の紅白。

あのSMAPが「世界に一つだけの花」を披露。

この歌を歌っていたシーンの視聴率が高かったと報道されましたが、一昨日の地元商工会議所の新年会に来賓として挨拶された日銀新潟支店長がその挨拶の中でこの歌の歌詞(1番のみ)を披露。

まさに今企業は、ひの詞の言葉のようにあるべきだと述べられたのが印象的でありました。

すなわちナンバーワンよりオンリーワンを目指そうと・・・。

♪花屋の店先に並んだ いろんな花を見ていた♪
♪ひとそれぞれ好みはあるけど どれもみんなきれいだね♪

♪この中で誰が一番だなんて 争うこともしないで♪
♪バケツの中誇らしげに しゃんと胸を張っている♪

♪それなのに僕ら人間は どうしてこうも比べたがる?♪
♪一人一人違うのにその中で 一番になりたがる?♪

♪そうさ僕らは 世界に一つだけの花♪
♪一人一人違う種を持つ その花を咲かせることだけに♪

♪一生懸命になればいい♪

当然ナンバーワンになることや、それを目指すことは、素晴らしい事であることに違いはないわけですが、それよりも、もっとすばらしいことがこと、それがオンリーワンだということであります。

こんな話をお聞きした直後に、昨日このコーナーで紹介した書籍(てっぺん!の朝礼スタッフの夢とやる気に火をつける!)を読んでいたらこの「世界に一つだけの花」を取り上げられていました・・・。

何か不思議な気分になったところです。

そうそう、例のウサギとカメの話もこの本に書かれていて2度ドキッ・・・。

昨年来の傾向です。“ちょっとした気づき”が連続するという現象が今年もつづいています・・・(嬉しいことです)。

たしかこの歌の作詞作曲は、槇原敬之さん。どういったシチュエーションでこの詞が生まれたのか大変興味あるところです。


話は変わります。

昨日は、新年と言うことで、地元の青海神社の宮司さんより事務所においで頂き、恒例の新年のお払いをしていただいたところです。

心をあらたに、今年1年充実した日々を送ろうと決意した次第です。

そのお払いが終わってからの宮司さんとの会話の中で、なるほどと思ったことがいくつか。

その一つに、「今の世の中、謝ることを知らない人が多い」と。

その時点で、素直に誤ることで、その後のコミュニケーションがスムーズに行くにもかかわらず、他のモノを引っ張り出してあれもこうだからという理屈を述べ、正当化するとのこと。

素直になることの大事さを痛感したところです。

ところで、青海神社は、安産祈願に訪れる方が増えているとのこと。さらに、結婚式も今年は5.6件の予約がすでに入っているとのこと。


今回のお払いは、新年という節目を厳粛に受け止め、原点にかえってあるべき姿をもう一度再確認するいう一時となった次第であります。

2008年01月11日

決断の意味・・・

「繁盛する店づくり」「強い組織・会社づくり」はまず元気な朝礼から・・・ということで今注目を集めている居酒屋「てっぺん」。

その経営者の書籍「 てっぺん!の朝礼スタッフの夢とやる気に火をつける!」に、なるほどという事柄が多く書かれていましたのでその一部を紹介いたします。

.好圈璽膳盈・No.1宣言・挨拶訓練を通して、本気・元気・やる気を引き出す。
∪楜劼龍飽佞錬撹い梁筺それは、認められタイ・ほめられタイ・お役に立ちタイ。
L簑蠅覆靴最大の問題。一日仕事をしていて問題がないなんてそんなこと絶対にあり得ない。それは、そのスタッフがその問題に気づいていないと言うこと。
し覿斌簑蠅里覆た誉犬覆鵑討△襪錣韻覆い箸いΔ里汎韻源。どんな生き方をしようが問題は必ずあるわけで、大事なのは問題をどのようにとらえるのか。そしてどうのりこえていくのかということ。
ゥ廛薀垢硫鮗瓩蓮⊆身を含め、多くの経営者、リーダーがなかなかできていないことだが、このプラス解釈を心がける。プラスの解釈とは言い換えれば心がわくわくしてくる解釈のことを指す。
Ψ菽任箸呂修量召示すとおり決めて断つこと。

最後のΔ蓮決めることは簡単にできてしまうものだが、断つことはなかなかできないものと解説。他の道に進むという選択肢を最初から断ち切れていたら何とかその壁を乗り越えようと努力するもの、なぜなら他に行く道がないのだからということだとのこと。

さらに、大切なのは別の道に行くことではなく、壁をどう乗り越えるかだとのことであります。

ぜひ、決断・・・決めて断つことを実行したいと思った次第。

ところで、この会社の朝礼は毎日のように見学者が絶えないとか。当事務所でも、スタッフと見学に行く予定にしているところです。


http://teppen.info/chorei.shtml

2008年01月10日

食した瞬間の笑顔・・・

一昨日の、NHKプロフェッショナブル私の流儀は、三ツ星レストランに選ばれたあの鮨職人小野二郎さん。

ご覧になられた方も多いと思いますが、ここまで極めるのか!という驚きと感動でありました。

次のような刺激的なフレーズの連続・・・。

「82歳現状不満足」「20貫のドラマ」「目で握る」「無駄が極上を生む」「帰る場所はない」「一尺五寸の勝負」・・・

20貫の鮨のドラマを作り上げるために、大事な手は通勤時に手袋で保護、毎朝毎晩40分かけて歩いて職場との行き来。

お客様が食べる早さや表情を観察しそれを見てから次のネタを準備し握るという心配り。

そのため、無言となりお客様には無愛想だと言われることもしばしば。全ては、おいしい鮨を提供するためのことだとか。

印象的だったのは、お客様が鮨をほおばった瞬間に笑顔になること。それほどおいしいということの証明であります。

ぜひ、一度食してみたいものです・・・。

「プロフェッショナルとは、自分の仕事に没頭してさらに上を目指す。今で止まるんじゃなくてもっと上を目指すということじゃないかと思います・・・」とは、小野二郎さんの言葉です。

http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/080108/index.html

見逃した方は、ぜひ再放送を・・・

2008年01月09日

儲かるべくして儲ける・・・

次は本日スタッフと共に訪問させていただいたお客様企業(買回り品小売業・スタッフ4〜5人程度)ですばらしいと感じたことです。

その会社の事務室内の壁に、今年度の主力商品一覧という表が掲示されていたのに気づき、よく見ると、主力メイン商品5〜6アイテムの今年度の販売目標の表でありました。

縦軸に商品名を、横軸に販売実現した際にその都度赤丸のシールを貼るスペース欄。

お聞きしたところ、この表を毎日見ることによって目標達成の意欲がわいてくるとのこと。

この主力商品の販売目標額の合計が、1年間の全売上高の60%前後を締める割合だとか。

すごいの一言でありました。

更にパソコンをのぞかせていただいたところ、毎日の売上計画とその実績が一覧表として入力。更にその下に、一年間の行動計画縦軸、時間を横軸に入力しての管理をされているとのこと。

1年間の行動計画及び売上計画が一目瞭然でありました。

これにより、日々のやるべき事柄が明確となっているために、当初予定した利益も達成されていると確信した次第であります。

それにしてもすばらしいの一言でありました。

いかに日々の行動を具体的にするかが、業績を上げられるかどうかの分岐点という証明ということですね。

昨年同様のすばらしい業績を上げる事は間違いないといったところです。

2008年01月08日

同じ店でも・・・

技術革新は日進月歩と痛感しきり。

というのは、携帯電話を12月2日にドコモ902iから今話題の905iに買い換え。

まだ、発売されて間もない(4〜5日)と言うことで品薄状態でしたが、何とか確保できた次第。

あれから1ヶ月ほど使用していますが、使えば使うほどその良さがわかってきたというところです。

本当に変えて良かったというのが感想です。

登録しているメールアドレスの配列やその見やすさや、ワンセグ・GPSも便利です。

電話通話中に発信着信ボタンを押すと背面スピーカーより聞こえるようにもできるので、
何人かで相手の通話内容を確認したいときなどは、さらに便利。

また、なんと言ってもブルーツゥース機能がいちばん助かる機能です。

この機能があるのがPなどで、以前からPのみの利用です。

「緊急地震速報」が得られるのもいいですね。

しかし、いざ速報が来たらどう動いたらいいかパニックになるとは思うのですが・・・。

ところで、この電話機を購入したのは、大手の○○電機。

当然バリューコースでの契約がベターということで選択しましたがこのお店はポイントがつくことで有名な店。そのため、一括払いでの購入方法を選択。

県内各地にある○○電機ですが、驚いたことにお店によって割引率が全く違っている事実を確認。

出張の都度通りかかった店でそのポイントを確認。最初の店は11%、たまたま通りかかった次の店は1%、更にもう一店は何0%。

当然11%の店で購入したのは言うまでもありません。

結構、色は気に入っていますよ。

2008年01月07日

10の目標設定・・・

所内の朝礼で毎日唱和しているモチベーションカレンダーの「人財育成・基本と定石」に、新年にふさわしい、なるほどなあという内容が書かれていましたので紹介いたします。

「人財育成・基本と定石」

新しい年の始まり。こんな目標設定をしよう。
ゞ叛嗅槁検
健康管理目標 
2搬押νЭ佑箸龍δ面槁検
た胴Ч毀槁検
タ楊・友人獲得目標 
資格取得目標 
旅行目標 
未経験事項の体験目標 
貯蓄目標 
スポーツ関連目標

これら10にわけて目標設定をすることによりより1年の具体的な行動計画ができるというもの。

早速今日改めてこの10の目標にわけて設定をしてみたいと思った次第です。

は何にしようか迷うところです。△廊を設定することにより具現化できる事項ですがやるべき事はわかっているのですがなかなか実行できないところであります。

2008年01月06日

スマイルの値段

頭上のメニューには書いているものの、これを注文する人はいるはずがないと思っていたところ、本日、我が家の中2である次男と何気ない会話をしていたところ、何と次のような事を体験したとのこと。

友達4〜5人で市内のマックにハンバーガーを買いに行った際、じゃんけんで負けたものが「スマイルください!」言おうということになり、実際にじゃんけんをしたとのこと。運良く(悪く!?)我が次男が負けてしまい、それを注文することになったとか。勇気を出して「スマイルください・・・」といったところ、相手の店員が苦笑いしながらもスマイル顔になってくれたとか。

それを見ていた友人たちも、笑顔になったそうです。

まさに「スマイル」は、人と人との潤滑油だということですね。

常にスマイル顔を心がけたいものですね。

コストは0円ですから。

2008年01月05日

ポイントをつかむ・・・

昨日、年賀状を送らせていただいたN様より、メールをいただきました。

その一部を紹介します。

・・・いただきました年賀状にあります、
「明確な目標を定めその目標に向って進む(ウサギとカメより)」
「企業の改革は、今日やるか、一生やらないかのどちらか(池の中の蛙より)」
の2点の重要性を改めて認識し、‘08年を振り返った際に満足度の高い一年にしたいと考えております・・・

その年賀状に書かせていただいた、あの1000字以上もある文章(原文はこのブログの1月1日に掲載しています)を簡潔明快に、たった2行でまとめていただいてるではありませんか!

嬉しいの一言でした。

N様、今年1年ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

ぜひ、満足度の高い1年にしていただければ幸いです。

2008年01月04日

本日より仕事開始です・・・

おはようございます。

今日から新年の仕事始めの事業所が多いこととと思います。当事務所も例外なく本日が仕事始めです。

気合いを入れて、いいスタートを切りたいものですね。

なんだか今年も昨年同様いい年になりそうな予感がしています。いや、ぜひともいい年にすべく努力いたす所存です。

皆様、今年もどうかご指導のほどよろしくお願いいたします。

スタッフの皆さん1年間よろしくお願いします。

自身のため、家族のため、一生懸命いい仕事をしましょう。それが結果的にはお客様から感謝(真の意味で)される仕事へと結びつくはずです。

まもなく、始業時間です。

2008年01月03日

重要なことで緊急でないこと・・・

今年最初のフナイFAXが元旦に届きました。

その中にリーダーがいちばん取らなければならない時間について書かれていましたので紹介します。

横軸の右に「緊急でないこと」、左に「緊急なこと」そして、縦軸の上に「重要なこと」、下に「重要でないこと」と位置づけ、それぞれ〆絃紊「重要で緊急なこと」、∈顕爾「重要でないが緊急なこと」、1上は「重要なことだが緊急でないこと」、けΣ爾「緊急でもなく重要でもないこと」と区分けをした場合、リーダーはの時間を取らなければならないとのこと。

すなわち将来のために重要なことに時間をかけなければならないといっています。

とかく、急なお客様の来訪や電話、冠婚葬祭などで,鉢△多いリーダーがほとんどなのではと分析しています。

行動の整理整頓をしっかりして、戦略すなわち3ヶ月後から3年後のために今何をしなければいけないかを考える時間を持つべきと提言しています。

忙しい中にも今年は将来のための時間を作ってくださいと締めくくっています。

リーダーの時間の使い方で企業の業績が決まると言っても過言ではないと言うことの陽ですね。

私自身も心したいものです。

いよいよ明日が仕事始めです。

2008年01月02日

イチローの流儀を学ぶ・・・

本日のNHKプロフェッショナル仕事の流儀はイチロースペシャルでした。

首位打者2回、7年連続200本安打、シーズン262安打のメジャーリーグ記録樹立等数々の輝かしい記録が生まれた流儀についてそのイチローが初めて70日間のテレビの長期密着取材を受けて語っていました。

想像を絶する記録への重圧との戦いの日々の様子やプライベートの様子も大変興味深く見ることができました。

シーズン中のイチローは試合前の準備、練習メニュー、試合中の身体の動かし方に至るまで、厳密に同じであることにこだわり、決められた所作をこなしていくことで、次第にスイッチが入っていくとのこと。そしてバッターボックスに立った時、イチローの集中力は極限まで研ぎ澄まされることになる・・・。
 
なんと大リーグの7年間の昼食は奥様の手作りカレーとのこと。

ピッチャーが投げてキャッチャーが受け止めるまでボールが走っている時間は0.4秒、
その間で変化球が来てもヒットにする、ストレートが来てもつまらせてヒットにするのだとか。

試合後の記者からのインタビューは、吟味を重ねた深い質問だけ応えてそれ以外は応えない徹底ぶり。

次は番組の中でのイチローの言葉です。

「野球は自分の達成感のためにやっている。まっくらだがもがいて苦しんでいると見えてくる。」

「ファンは、自分の生活の一部を捧げて見に来てくれる人。これらの人がいなければ自分の存在はない。」

「プロフェッショナルとは、“ファンを圧倒し、選手を圧倒し、圧倒的な結果を残すこと”」

「夢は、50歳で4割を打ってやめること。」


真剣勝負の世界を自分自身で作り上げている生活が手に取るように伝わってきた番組でありました。

すべてのことに対するこだわりの結果のようです。

プロとして毎日同じ所作にこだわり続けられたからこそ、このビッグ記録が達成できたのではと痛感したところであります。

2008年01月01日

いよいよ、新しい年の始まりです・・・

皆様、あけましておめでとうございます。

いよいよ、新しい年がスタート・・・。

今年こそは○○をと、決意を新たにされた事と思います。
皆様に取りまして、今年が昨年以上に良き年でありますようにお祈り申し上げます。

当事務所も昨年にもましてスタッフ一丸となって邁進する所存です。

どうぞよろしくお願いいたします。


次の文章は、今年の当事務所の年賀状に書かせていただいた内容です。
お手元にお届けできなかった方には、この場をお借りしてお伝えしたいと思います。


あけましておめでとうございます!!

 皆様におかれましては、いろいろな夢や希望を胸に新たな年をお迎えのことと存じます。

 次は、あの有名なイソップ童話の「ウサギとカメ」の話です。
 ある日、ウサギとカメが競争することに。よーいドン!!で走り始めましたが、その差は歴然。ウサギはカメとの差があまりにもあるため途中で安心して寝てしまったところ、コツコツと歩んできたカメがウサギを抜き去って勝つという話。
 ,海海妊イズです。では、「なぜ、ウサギはカメに負けた」のでしょうか。
「油断したから」「寝てしまったから」「カメを見くびったから」など、答えはいろいろ出てきそうですが、違う観点から見ると、次のような理由も言えるようです。
「カメはゴールを見て走り、ウサギはカメをみて走ったから」。
 目標であるゴールだけ見て走っていたら、ウサギはカメに負けることはなかったのです。
さて、会社に置き換えると、ゴールである目標だけを見て走っているでしょうか。目標はあるものの、その目標を実現するために具体的に動いていない会社も少なくないのでは。
 明確な目標を定め、社員みんなでその目標に向かって進む。これができなければ現在の環境下では会社の成長、生き残りはあり得ないと言っても過言ではありません。
 明日のため、来週のため、そして来年のため、今どうすべきか、明日どうすべきか、来週どうすべきか・・・そのために社長は方針と数字を決定し、社員全員で実行しようではありませんか。
 そのためには「タイムリーで正確な会計情報(月次決算)が不可欠」です。「昨年の自社の数字」がライバルです。

 △發Π譴弔離イズです。
 ワシントン大学のベティングという教授の話です。
「池の真ん中に大きな岩があって、そこに蛙が3匹昼寝をしている。そろそろ昼寝も飽きてきた彼らは、池にでも飛び込もうかと考えた。さあ、ここで問題だ。今、岩の上には蛙が何匹いるだろうか?ここでの答えは、皆さんの今後の企業成果にもつながるといっても過言ではないだろう。さあ、答えは何匹か、考えて欲しい!!」
 答えは、「3匹」。なぜなら、蛙たちはそう思っただけでまだ行動していないからだそうです。
 企業の変革は、今日やるか、一生やらないかのどちらかだとか。だったら、本気で気づいたことを今日から試しましょう、きっと新しい明日が見えてくるから・・・という解説です。

 今年も当事務所は、お客様企業の永続・発展のため、スタッフ一同力をあわせ昨年以上に精一杯努力して参る所存です。

 本年も皆様にとりまして最良の年でありますよう心から祈念申し上げます。

平成20年 元旦


実は、今日新年早々すばらしい光景を2つも見ることが出来ました。

詳しい内容はともかく、今年も来年以上にいい年になる予感が致します。いや、必ずやいい年にする所存です。

今年も縁の不思議さに感謝しながらスタッフ一同力を合わせる所存です(ちなみに当事務所の今年度の経営計画発表会は2月8日です)。

一年間どうぞよろしくお願いいたします。

サイト内検索


最近のエントリー

  1. 嬉しいコメント・・・
  2. 私は運がいい・・・
  3. いろいろな気づきの日・・・
  4. うれしいメールが・・・
  5. 住みよい地域づくり・・・
  6. 所得税の確定申告
  7. 決算書の見方・・・
  8. 経営セミナー
  9. 登山隊を目指す・・・
  10. できたてのパン・・・