new_blog.gif

2011年07月27日

明日には堅くなる団子がヒット・・・

本日ようやく本ブログ更新ができました。

ブログを書き綴っていたのですが、24日からなぜかアップができない状況に・・・。

毎日欠かさず愛読頂いている!?何名かの方々より、ブログが更新されていませんがどうかされましたか!というメール等を頂きました。

私自身も10年以上連続更新させて頂いているのがここで途絶えてしまうことは絶対に回避したいという思いで、当ホームページをサポート頂いている加藤先生より復旧して頂きました。

加藤先生本当にありがとうございました。

ブログをお読み頂いている皆様にご迷惑とご心配をおかけいたしましたことをこの場でお詫び申しあげます。

今後も、読んでいただいて元氣が出るブログを目指して参ります。

引き続きご愛読お願い申しあげます。


さて、本日届いた「中小企業ネットマガジン」からです。


タイトルは、「卸から直販に転換した豆腐屋さん」。

その一部を紹介します。

・・・「生き残るために卸売りはやめた」−こう振り返るのは山形県大石田町の「横丁とうふ店」2代目・五十嵐智志代表。卸中心から製造直販への業態転換だ。

卸売りなら一定の収入は見込めるが、小さな町にあって直販は保証が全くない。だが敢えて五十嵐代表は決断した。その裏には商品の高付加価値化に対する自信と消費者ニーズに対する確かな信念があった。

製造直販の取り組みは平成17年12月に製造工程の見学ができる「イートイン型店舗」のオープンとなって花開いた。安全、安心を追求するため地産地消を前面に押し出す同社の試みが年を追うごとに支持された。

豆腐づくりでは自然のうまみを引き出そうと、山形県内で生産される秘伝豆という枝豆などを材料に使う。製造では一般的な「消泡剤」を使わず通常の2倍の手間と時間をかけて他社との差別化を図る。

ただ現在の売り上げの7割程度は自家製だんご。当初、同代表の母親が豆腐製造用の蒸気ボイラを利用し、盆や正月などの季節限定商品として作っていた。これを平成12年に山形市内のデパートで開かれた「大石田フェア」に出品した。
ところ1日に1000本売り切ったことから「最上川千本だんご」と名付けて商品化した。

だんごのキャッチフレーズは「明日には硬くなるだんご」。天然素材にこだわり余分な添加物を使っていないこの商品は人気が沸騰した。「生産者の都合で添加物を使うのは食品の変質につながる」(同代表)。豆腐づくりと全く同じコンセプト。

店舗は、地域社会の願いでもあった古くからの蔵屋敷を活用している。ここで豆腐を使った創作料理にも挑戦する。不況にあえぐ地方の商店街復活のヒントが同社の試みに隠されているようにも見える・・・


豆腐屋さんが作る団子、ぜひ食べてみたいですね。

それも明日には堅くなる団子。

添加物を一切入れていないという証でしょうから。

http://www.ic-net.or.jp/home/tofu83/

今まさに企業は、“現状維持は衰退を意味する・・・”であります。

果敢に挑戦いたしましょう。

当事務所は、中小企業の経営革新を支援させて頂いております・・・。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆


2011年07月14日

減収増益も・・・

売上が30%落ちたのに、なんと利益が30%も増えた・・・

本日参加した研修会(経営戦略塾)で、その講師が実際に経営改善指導をされた事例の一つです。

通常ではあり得ないことでですが、その手法を聞いて納得。

クリーニング店の事例とのこと。


そういえば、規模こそ全く違いますが、あの日航も業績が減収にもかかわらず黒字額が伸びているという形になっているという報道されていたようですね。

決算書の数字は、すべてが経営者の意思決定の結果。

特に、中小企業の数字をよくするのも悪くするのもその会社の社長次第であります。

取引の一つひとつを、あらためて意識して行かなければならないのは言うまでもないことですね。


本日参加の経営戦略塾の副題は、「経営とは“意思決定”の積み重ね」であります。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆


2011年02月02日

社長室でカエルを飼う・・・

なんと、社長室でカエルを飼っているそうです!

次は、2.3日前の日経新聞夕刊に掲載されていた記事です。

三菱ケミカルホールディングス社長・小林喜光さんの“会社に化学変化を起こす(1) 「ゆでガエル」になる危機感を社員に伝える”というコラム記事から。

・・・いま日本全体もそうですが、三菱ケミカルは大胆に変わらないと生き残れません。
しかし、組織の内側にいると外の風が届かず、ぬるま湯にまどろみがちです。

私は社長室でカエルを飼っています。

会社を「カエル」という決意、あるいはのんびり構えていれば「ゆでガエルになってしまう」という危機感を伝えるためです。

会議で思ったことは何でも言います。

怒りをぶつけることもありますが、さらに「このプレゼンはダメだ」と思うと、遠慮なく眠ることにしています。

実際は眠るフリをするだけですが、報告する側にとっては衝撃でしょう。それを「ひどい」ではなく、「悔しい」と受け止めて発奮してほしい・・・


次の言葉は、パイオニア創業者・松本望さんの言葉だそうです。

『常に危機感を持て。そしてこれが行き詰まったら何をやるか、いつも心がけておけ。』

危機感とは、このままでは危ないという気持ち。

危機感を持つと、気持ちが引き締まり、何事も全力を尽くそうとする心構えができけれども、安心していると、怠慢になってしまいます。

怠慢になると、やるべき事をやらなくなり、行き詰ったときに何をしていいのかすらわからなくなる。

危機感を持つことこそが、先のことを考えながら事を進めることとなり課題解決へとつながるようです。

いい意味での危機感をもちたいものですね。


それにしても、社長室でカエルを飼うとはすごい決意の表れですね!!

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆


2010年12月01日

実抜計画の策定支援と実行支援・・・

今日から師走。

円高など厳しい経済環境など、先行き不透明感がぬぐえないまま2010年が終わろうとしています。

11月29日の日経新聞に「中小企業金融円滑化法」1年延長への記事が掲載されていました。


内容は次の通り。

金融庁は、金融機関に対して中小企業からの返済条件の変更要請に応じて努力義務を課す中小企業金融円滑化法の期限を1年間延長する。

厳しい経済情勢が続いていると判断し、来年3月末で切れる期限を2012年3月まで延ばし、中小企業の資金繰りを後押しする。来年の通常国会に同法改正案を提出する。

倒産件数の減少など円滑化法は一定の効果があげている半面、条件変更が単なる延命策になりかねず、金融機関が「隠れ不良債権」を抱え込むことになっているとの見方も。


金融支援だけでは根本的な経営改善はできないというもの。

中小企業金融円滑化法の延長がされるされないに関係なく、企業が策定した経営改善計画(実抜計画)を断行することが企業業績回復のカギであります。

ただの延命策だけでは意味がありません。


この法律は、自社の再生までの期間、この制度を利用してキャッシュフローを維持するためのもの。

その再生したいという社長の意志や決意をより具体的にし、必ずやり抜く実行力がすべてで。

具体的には、

 ̄超肇ャッシュフローの改善

自社の強みを生かした選択と集中による高付加価値分野への切り替えの断行による収支改善。

投資キャッシュフローの改善

資産の処分の断行および不動産の所有から賃借への変更によるフロー改善。

財務キャッシュフローの改善

本法律を利用した中での借入金返済計画によるフロー改善。

当事務所では、経営改善計画の策定支援およびその実行についてのサポートを精力的にさせていただいております。

どなたでも相談は無料ですので、遠慮なくお申し出ください。


,留超肇ャッシュフローの改善には、下記の6日開催のセミナー受講は有益です。


http://www.yamanobo-zeirishi.jp/new/2010tkckakushin.pdf


どなたでも大歓迎です。

ぜひ、ご出席ください。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆

2010年01月11日

伝統は革新の連続・・・

3連休もあっという間で終わりといった感じであります。

本日夕方のBSNテレビで紹介された酒蔵・福光屋。

金沢の創業380年の酒蔵。

http://www.fukumitsuya.co.jp/

酒以外に、純米酒を原料にした化粧水と美容液をを製造販売してここ近年注目を浴びているとのこと。

雑誌通販生活でも紹介れ、ヒット商品となっている知る人ぞ知る商品。

酒蔵で働く人の手はきれい・・ということをヒントに発酵技術を活かしての化粧水や美容液の開発となったとか。

正確な言い回しではありませんが、その研究の途中、出来の悪い酵母に出会い、この酵母にアルコールを含めないでできたのが化粧水というような解説を番組の中でされていました。

化粧水の製造過程が、酒の製造過程と同じため新たな設備投資をしなくても済んだのが功をそうしたようです。

その番組の中で、担当者の方が話されていた次の言葉が印象的でありました。

「伝統は革新の連続である」

福光屋の家訓だそうであります。

家を継いだものは、先代をぶっ壊せというような趣旨なのだとか。

酒の味はその時代のお客様が決めるので、趣向は時代に沿って変化することを肝に銘じ、

変化を恐れてはならないという伝えのようです。


まさに、「現状維持は衰退を意味する」ということのようです。

今の時代に必要とされていることの一つであります。


★★★ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を★★★

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif


2009年11月24日

モラトリアム法案・・・

本日来所いただいたお客様企業の社長様と、昨夜放送されたビートたけしのTVタックルの話題に。

多少期待はずれの内容ではありましたが、中小企業経営者と亀井大臣や勝間和代氏、渡邉美樹氏らの発言は興味深いものがありました。

岡野工業の社長は、「自社の業績がいい理由は、人がぶらぶらしている間に10年間ねるのを惜しんでみんながしないことをし続けた結果だ。仕事はないというけれど実はある。情報収集が大事だ。」と。

渡邉美樹氏は、「闇雲に甘えるのではなく、ちゃんと裏付けのある事業計画をだすことによって保証協会の保証を得られるようにするべきだ。」と言うような発言。

亀井大臣がすすめる3年間の借り入れ返済猶予は、ぜひ上記2者の考え方をとるようなことを条件にするような方向で実現してもらえれば中小企業も再生するのではと思った次第。

勝間氏は、国債を日銀が引き受けるべきと強調。

ぜひ、元気が出る施策を実現しデフレスパイラルの脱却を図ってもらいたいものであります。


本日、別のお客様企業の社長様から次のような内容の電話がありました。

「金融機関が借りてくれませんかというので、融資を申し込んだところ、保証協会がOKとなったということで手続きのため窓口に行ったところ、本店の決済がおりなかったので大変申し訳ありませんが、今回の融資は見送りにさせてください。」とのこと。

理由としてはそれらしき理由を述べたようですが、あまりにも身勝手な言い分でその社長様もあきれ顔。

亀井大臣の言うところの、金融機関がより中小企業の経営に対処した融資の実行を狙っているのと逆な対応であります。

付き合う人を選ばないという言い事例のようであります。

いずれにしても、自己革新で、この状況を乗り切ろうではありませんか。

★★★ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を★★★

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif


2009年09月02日

社員をリストラして再生した企業はない・・・

売上や利益がさがったから、経費を抑えなければならないと思うのは当然のことでありますが、その削減方法を間違ったら、さらに業績が悪化しないともかぎりません。

削減しなければならない経費、削減してはならない経費の見極めが大事であります。

逆に、場合によっては増やす経費があってもいい場合も。

なぜなら、利益を増やすことが目的のため、増えた経費以上の利益が増えればそれも正解となるからであります。

経費の中で一番目につくのが、人件費。

だからといって一律カットや安易なリストラは考え物です。

人を減らすと、まず、モチべーションがさがるものが一般的。

例えば30人の社員が1ヶ月後には25人になり、更に2ヶ月後には20人になったら、残った社員ははたして『この会社で頑張っていこう!』と思えるのかどうか。

今月お送りさせていただく『経営者の四季10月号』のなかで、企業再建コンサルタントの川辺雅之氏は、このような場合次のように述べています。

「仲間がいなくなり、自分もいつ首を切られるかわからない状態で、一生懸命働く人がいるわけありません。もしいたいとしたら、給料は減っていいから会社にいさせて欲しいと願う人だけでしょう。」

さらに、河野氏は

「これまで私は多くの企業の再生に携わってきましたが、多くの社員をリストラしてその後成功した企業はありませんでした」と言い切っています。

まさに、経営者の一番大事な仕事は、経費の削減ではなく、売上を伸ばすためにいろいろな工夫をし、戦略を考えること。

河野氏は、

「売上が伸びないかから社員の給与を削減したり解雇をするというのは、自分の本来の役割を放棄して、そのしわ寄せを社員に肩代わりさせることであり、経営者としてはやってはいけないことなのです。」と述べています。

まさに、同感であります。

社長一人で考え悩むのではなく、社員の力を大いに活用して売上アップの工夫をしたいものですね。


当事務所のお客様には、『経営者の四季10月号』を7日お送りさせていただきますのでお楽しみに。


★☆★☆★ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を★☆★☆★

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif

2009年05月13日

少子化の時代の戦略・・・

少子化の時代。

そのため、今、ターゲットを子供から大人にシフトした商品戦略が目立っているそうです。
東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、5月13日より、毎週水曜日を「おとなの水曜日」と名付けて、45歳以上の方を対象に、特典付きパスポートを特別料金での販売をはじめたとのこと。

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/otona/wed/index.html

5800円のパスポートが5100円で更に500円のクーポン付き。

実質1200円の割引です。

森永乳業が販売している森永マミーの500ミリリットルの購入者の半数以上が30代以上の男性だとか。

そのため、濃厚でリッチな「森永あじわいマミー」を昨年秋に販売開始したとか。

また、Wiiも大人をターゲットにしたソフトを開発し、子供からのシフトし始めているようです。

まさに少子化の時代。

現状にあった商品販売戦略をしなければ生き残りはないということですね・・・。

自社の戦略を今一度見直してみましょう。

◎●◎このブログを書く励みになりますので、是非・是非ご協力ください◎●◎

≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!≫
banner_04.gif

2009年01月26日

強い者ではなく、変化に対応できる者が生き残る・・・

本日26日の新潟日報夕刊6面に、「不況下奮闘する県内企業」という見出しで、燕と弥彦の企業が掲載されていましたので紹介いたします。

・創業90年の燕の金属加工メーカー
ヤスリ製造、園芸用品、物流機器、放送業界向け装置と、時代ごとに新商品を生んできた。最近では、振り込め詐欺を防ぐための自動預払機の周辺で電磁波を遮断し、携帯電話を使えなくするブースを開発。
社長は“強い者ではなく、変化に対応できる者が生き残る”と朝礼で進化論を説いているとのこと。

・弥彦村のメーカー
ステンレスのプレス加工を手がけてきたメーカー。
電気自動車搭載のリチウム電池ケースを製造し、大学と連携して量産化の研究を重ね、今後の太い柱にしていきたいとのこと。

記事の終わりに、佐藤洋子記者の「暴風雪に絶えながら、前に進もうとしている姿を紹介していきたい。」という言葉で締めくくっています。

佐藤記者の今後の取材にぜひ期待したいものです。

当事務所のお客様企業にも、このコーナーにふさわしい企業がいっぱいありますのでぜひ取材していただければ幸いなのですが・・・。


明日から、新潟日報夕刊1面トップの「ひと」は、我が加茂市出身のプロゴルファー若林舞衣子さんの物語がシリーズで掲載されるようです。

おそらく10回以上の連載なのでは。

楽しみであります!!


お願いです!!
≪ブログランキングに参加していま〜す。ベスト3も夢ではありませんよ!ぜひ・ぜひ次の緑のマークを1日1回クリックを!!ブログを書く励みになりますので・・・≫
banner_04.gif 

2008年02月04日

決定ありき・・・

本日午前中に訪問させていただいたお客様は、経営革新承認へ向けて、具体的ビジョンをかかげ、今後の3年間の設備投資計画、売上計画を基にした利益計画がほぼ、完成間近か。あとは、後は最終のまとめという段階です。

やはり、社長始め役員の決定(会社をどういう方向に持って行くか、利益をいくら上げるか等)が全てです。

決定すれば自ずと方法はいろいろみえてくるというものですね。

午後に訪問させていただいたお客様企業も経営革新承認に向けて計画中ですが、なかなかゴールが見えない状況です。

まず、できるできないを考えずに、3年後5年後会社はどうあるべきかを描いてみませんかとアドバイスさせていただいたところです。

まず、決定ありきです。

2008年02月01日

ゆでガエルにならないために・・・

いよいよ今日から2月!

今年もはや1ヶ月が経過いたしました。

さて、毎月お客様にお送りさせていただいている「経営者の四季3月号」でずか、その2〜3ページに“経営資源は陳腐化する”という記載が掲載されています。

そこには、「企業は変化対応業で、変化しないと“ゆでガエル”になる!」と書かれています。

すなわち、企業はそのままの状態では経営資源が陳腐化して、生き残りができなくなるというもの。

その経営資源を、その記事では次の5区分で説明していますので紹介します。

.劵函ΑΑ高齢化となり、思考が硬直化するうえ、高賃金になり、費用対効果が悪くなる。

▲皀痢ΑΑ商品は、ライフサイクルがあるため、今売れているモノでも、そのうち売れなくなる。またハードの機械や建物は老朽化する。

8楜辧ΑΑΡ頁経営していると、顧客は減少してくるし、顧客自身も変化する。いつまでも同じ顧客にすがりついているわけにはいかない。

せ兎先・・・技術の進歩は早い、たえず新しい仕入先を見つけないと時代においていかれる。新しいコト、新技術等どんどん提案してくれる仕入先を見つけよう。「利は元にあり」で顧客も大切だが、仕入先はもっと重要だ。

ト想力・・・永年同じやり方で経営していると考えが硬直化する。企業を変化させるため、発想を変える一番よい方法は、トップ(社長)を交代することである。トップが代われば、今までのやり方が、全て変わるはず。大企業はこれができる。しかし、中小企業はトップの交代はほとんどできない。交代する時は「代替わり」か「倒産」である。だから中小企業の変化は難しいのである。

本日訪問させていただいたお客様企業でこの話をさせていただいたところ、まさに上記◆↓、い蓮△修猟未蠅世箸いηЪ韻法ΑΑΑ

ゆでガエルにならないために、新たな戦略を構築したいものですね。

この「経営者の四季」は、今月5日に発送させていただきますので、詳しくはそちらをご覧ください。


話は変わります。

本日より、「あらたにす」というウエブサイトがオープン。このサイトは、3紙(日本経済新聞、朝日新聞、読売新聞)が発信するニュースや社説などを毎日「読みくらべ」できるというもの。

http://allatanys.jp/A001/index.html

ぜひ一度ご覧を・・・。


2007年11月27日

永続発展のための経営革新承認申請・・・

「多能工を育て作業のバランスを取ることにより、能力の競争やスピードの競争が実現し、一人ひとりの能率や価値が上がる。結果的に生産性や品質も上がり結果として業績がアップする・・・。」

上記は、本日一緒に同席していただいた中小企業診断士の、お客様企業での指導内容です。

更に、生産の指示は、日程管理ではなく時間管理でなければならないとも・・・。

的を得た的確な内容でありました。

事前に「外部環境分析」「内部環境分析」のうえ、SWOT分析をしていただいてからの指導です。

目から鱗であります。

ぜひ、明日からの経営に役立てていただければ幸いです。

経営革新承認へ向けての5カ年計画策定支援のため訪問させていただいた時の出来事であります。

サイト内検索


最近のエントリー

  1. 明日には堅くなる団子がヒット・・・
  2. 減収増益も・・・
  3. 社長室でカエルを飼う・・・
  4. 実抜計画の策定支援と実行支援・・・
  5. 伝統は革新の連続・・・
  6. モラトリアム法案・・・
  7. 社員をリストラして再生した企業はない・・・
  8. 少子化の時代の戦略・・・
  9. 強い者ではなく、変化に対応できる者が生き残る・・・
  10. 決定ありき・・・