new_blog.gif

2008年04月30日

これぞ“暫定”値下げ・・・

今日の夕方の6時過ぎのテレビで、有名なあのラーメン店・杭州飯店(コウシュウハンテン燕市)が紹介されていました。

ラッシャー板前が訪問して手伝うという企画。

朝、5時30分頃からスープの仕込み。

国産ぶた1日30キロで背あぶらをつくるとのこと。

豚のゲンコツと鳥取の鰯の煮干しを使ってのスープ。

なんと1日600食のラーメンをつくっているそうです。

麺は、長男の手打ち。

店員5人で80席の店の対応をしているとのこと。

途中までしか見ることはできなかったので残念でしたが・・・

久しぶりに行って見たくなってきました。


ところで、ガソリン暫定税率が明日から復活することが決まりました。

この1ヶ月はなんだったのでしょうか。

まさに、これこそ、ガソリンの“暫定値下げ”といえるのでは。

この場合の“暫定”という使い方の方が適切のような気がしますが・・・。

2008年04月29日

暫定とは・・・

いよいよ明日、ガソリン暫定税率復活などのための租特法が再可決の見込みです。

ガソリンスタンドが政治の道具として振り回された格好です。

体力のないスタンドの淘汰が加速するだろうという報道もされています。

ようやく各種日切れ法案も復活し、税務の混乱もおさまることはいいのですが・・・。

それにしても、せっかく暫定税率を復活させるなら、「暫定」ではなく「恒久」がいいのでは・・・!?

大人も日本語の使い方を正しくしたいものです。

それにしても今日の祭日は人の動きがまばらでした。農家が田植えの準備で忙しいせいでしょうか。

2008年04月27日

暫定税率の議論が不十分のまま・・・

いよいよゴールデンウィークがスタートです。

週間予報によると天気も全国的にまずまずのようですね。

気になるのが、国会の動きです。

せっかくのチャンスの場でありながら国民的議論が不十分のまま、ガソリン暫定背率が5月1日から復活の予定のようです。

このゴールデンウィークの期間の個人消費に水を差す形にならなければいいのですが。

先ほど、我が家にきた親戚の人の話では、今日ガソリンスタンドで給油をしようとしたところ、在庫不足のため一人10リッターにしてほしいということだったとか。

はやくもドライバーの値上げ前の給油が増えはじめているというあらわれのようですね。

ちなみに、その親戚の人は、おかげてスタンドの方からお詫びのしるしということで、カップラーメンを2個もらったとのこと。

さあ、今日の山口県の補選の結果はいかに・・・。


2008年04月26日

衝撃的なセミナー・・・

本日は是非参加したいと思い一月以上前から申し込んでいた、とあるセミナー出席のため、静岡の地へ。

セミナーは、正味5時間ほどのため、上越・東海道新幹線を乗り継ぎ日帰りでの出張。

たった今帰ってきたところです。

本当に衝撃的な内容でありました。

詳しいことは後日このコーナーにて。

2008年04月25日

タイムリーかつ正確に・・・

本日訪問させていただいたお客様企業の今期決算見込みは、増収減益。

主な理由は、営業拡大のための初期投資がかさんだため。

経理を担当されている奥様が、その分析を一目瞭然とわかるようにエクセルで作成済みで、これをご主人である社長が見られ、今後の戦略についての判断をされておられました。

いつもこちらの会社の奥様の財務管理業務については感心させられています。

会社の現状をタイムリーにかつ正確に把握すべく自身で必要と思われる資料を作成され分析。本当に「すごい!」の一言です。

次回訪問が、今から楽しみであります。

なぜなら、来月からは増収増益間違いないからであります。

2008年04月24日

評判のこだわりシフォンケーキの店・・・

シフォンケーキで評判のお店が加茂市内にあるというので、先日当事務所内での研修会においで頂いた方々の休憩時のお茶菓子にということでスタッフがそっそく購入。

原材料のタマゴや小麦粉にこだっているということで、ふぁっとした食感で口当たりも良く上品な味であります。

本日も3名のお客様が事務所での研修会に参加いただいた際のお茶菓子として購入。

大変好評であったようです。

菜種油を使っているのが特徴のようです。添加物やベーキングパウダーは使ってないとのことです。

そういえば今月のキャレルにお店が写真つきで紹介されていました。

お店の名前は、ポコアポコ。シフォンケーキと焼き菓子の専門店です。

加茂市駅前7−23であります。

開店は、11時からですが一定数量しかつくらないため売れ切れてしまう日が多いとのことですので、早めの時間に行かれた方がいいようです。

ぜひ、一度おためしあれ。

いろんな種類(10種類以上)のシフォンケーキがあるようですが、私が昨日食べたのは、バナナのシフォンケーキでした。これはいけますよ・・・。

ポコアポコをネットで検索したら『 イタリア語で“少しずつ』とでてきました。

そういう意味でのネーミングなのでしょうか・・・。

2008年04月23日

ありがたい気づき・・・

面白いゲーム(といえるモノではありませんが)を見つけました。

気分転換に一度チャレンジしてみては・・・。

ちなみに、私は1回目が66、2回目が72。全然うまくいきません。

http://www.hudson.co.jp/hde/vol006/omake/tr16/index.html


本日は、長岡にてスタッフと共に税制改正セミナーに参加。講師はあの山本守之先生。

研修の最後に先生曰く。

「税理士が税の基本を議論する時期は今だ」と。

楽しい研修の一日でありました。

ところで、昼に、昼食を食べようとスタッフ5人と共に、研修会場周辺の飲食店をキョロキョロしながら探し歩き、寿司店を発見。

時間がないからということでこの店で全員が同じチラシ定食を注文(1000円)。

まとまった数の注文をしたためか、なかなか注文の品が待てど暮らせど出てこない状態。

お茶も催促して10分後ぐらいにようやく・・・。

それからしばらくしてチラシ寿司がテーブルに。

しかし、セットのみそ汁が食事をほとんど終わりそうにもかかわらず、テーブルに出てこなく思わず「まだでしょうか?」催促したほど。

その後ようやく出てきたのはいいのですが、飲めないほどの熱さ。

時間がないのでそこそこ残しながら店をあとにしたのでありました。

職人がつくっている寿司が遅れるのはしょうがないにしても、お茶やセットの小鉢・みそ汁が出てこないというのは女性店員の作業段取りができていないのではと思った次第。

なぜならこの店には当事務所以外のお客様はいない状態(直前に入られた1グループはまだ食事中でありましたが)だったのですから・・・。

人のふり見てではありませんが、仕事は段取り上手にならなければと気づきを頂いたところであります。

2008年04月22日

朝の挨拶・・・

今朝、事務所玄関前をほうきをもって掃除をしていると、背後から女性の声で、「おはようございます!!」との声が・・・。

振り返りながら「おはようございます!!」と言いながら見上げると、通勤途上の若い女性がこちらを向いてほほえみながら歩道を過ぎ去るところでありました。

笑顔での「おはようございます」の一言だけでありますが、今日一日、ようしがんばろうという気にさせる言葉でありました。

本当に素敵な笑顔でありましたよ。


話は変わります。

昨日は、新潟市内での研修会に出席。

テーマは「新事業承継とその対応」。

今、国会で審議中の「中小企業経営承継円滑化法」の詳細についてであります。

事業承継の際の障害のひとつである相続税負担の問題を抜本的に解決するため、非上場株式に係る相続税の軽減措置について、現行の10%減額から80%納税猶予に大幅に拡充するとともに、対象を中小企業全般に拡大するもの。

本年10月1日からの施行予定です。


この研修を受講した直後ではありましたが、毎月1回当事務所にて開催している事業承継セミナーを夜18時30分より開催。

今回は6回目で、前回に引き続いてキャッシュフローについて。

具体的な資金繰り計画表の作成もしていただいたところです。

参加いただいた皆さん、宿題を次回まで忘れずに・・・。

いよいよ、次回は利益計画策定についてです。

2008年04月21日

夢はあきらめなければ達成できる・・・

昨日のテレビ「いつみても波瀾万丈」は、今、話題の歌手「木山裕策さん」。

今年の2月にCDデビュー。現在ヒットチャート中の「home」を歌っている人です。

なんとサラリーマン歌手とか。

なんと、数年前に甲状腺に腫瘍が見つかり、検査の結果悪性の疑いがあり左側の甲状腺摘出。

医者から手術後声が出なくなる可能性があるといわれていたそうですが、もし手術後声が出たらもう一度歌を歌おうと思いリハビリに励んだとか。

4人のお子さんのたるに、自分の声をCDにして、聞かせてあげたいという思いと、多胡邦夫氏の心に火をつけたことが、一度は不合格となったもののリベンジで「歌スタ!!」に合格。

「夢はあきらめなければ達成できる」ということを子供たちに実体験で伝えたとのこと。

なぜか、本当にこの「home」という曲は、感動で胸が熱くなりますね・・・。

2008年04月20日

夢は薬、あきらめは毒・・・

昨日は、お客様企業の入社式に列席。

その式典のの中でなるほどと思ったフレーズを紹介します。

「夢に向かってやるかやらないか。失敗したらやりかえせばいい。」

「人生で一番大切なことは人との出会い。より多くの人と出会うこと。」

「感謝に勝る能力なし。」

「夢は薬。あきらめは毒。薬は飲み過ぎると毒になるが夢はいくら多く持ってもいくら大きい夢でもかまわない。」

「声が大きい人は、自身があるから。声が小さい人は自信がないから。」

「相手から赤いボールを投げられているのに、青いボールを投げ返さないこと。」

いろいろと学ばせていただいた一日でありました。

2008年04月19日

あらかじめ料金が決定のタクシー・・・

なるほどなあという記事が今日の朝刊に載っていましたので紹介します。

事前にタクシーの料金を決める「定額制タクシー」。

利用方法は簡単で専用サイトで日時、出発地、目的地を入力。コンピュータが最適経路から料金をはじき出し、その値段で問題なければ予約する仕組みとか。

http://www.rakurakutaxi.jp/

たとえば東京駅−羽田空港は5660円。通常よりも3割も安くなる場合もあるとか。

最大の利点はいくら道が混んでいても料金が変わらない点。運転手が道に迷っても運賃がかさむことはない。

この定額制の利用は20%〜30%贈で推移しているという人気ぶり。

着いて見ないといくらになるかわからないという不安から解消される安心感が人気なのでしょうか。

タクシーという成熟市場で生き残るための新サービス。

何でもやり方次第というものですね。

2008年04月18日

鳥の目・・・

今朝、福岡空港からセントレア経由で無事、新潟空港へ。

低気圧の影響による悪天候で揺れが続き、機内サービスを中止するほどでありました。

途中機内アナウンスで、「当機は着陸態勢に入ります。あと30分で新潟空港に到着です。」と流れてしばらくして窓の外をみると、なにやら大きな島が見えるではありませんか。

よく見ると島全体がSの字型。そうです。あの大佐渡小佐渡の2列につながっている佐渡島であります。

佐渡の近海を旋回しての着陸。

風を回避するためか離陸時の方向とは逆方向からの滑走路に進入しての着陸でありました。


飛行機の乗るたびに感じることがあります。

窓から見る景色は、まさに空を飛ぶ鳥のイメージではと。

全体あるいは、遠くまで見ることができると視点が大事だなあと・・・。

まさに企業経営に求められているものだと痛感しきり。

常に周囲を見渡し、気を配り、自身の安全を確かめながら進むべき方向を探る。

まさにマクロの視点です。

とかく日々のいそがしい事柄に追われ、大事なことを見失しがちになることも。

飛行機に乗るたびに、この「鳥の目」を感じずにはいられない、いや、感じたいと思うこのごろであります。


今月8日より、当事務所に内山という新しいスタッフが加わり、本日の昼食は、市内の割烹「い志津か」さんで、各自好きな定食を注文しての歓迎食事会(おすすめのお店です。まだの方は一度食しにどうぞ。何でもおいしいのですが、特に牛タン塩焼きと鯨汁は絶品ですよ)。

お客様のお役だちに立ちたいという気持ちで、うやる気満々です。

ご指導ほどよろしくお願いいたします。

近いうちに当ホームページのスタッフ紹介コーナーにアップいたしますのでご覧ください。

2008年04月17日

商売のあり方・・・

昨日の午前は、担当スタッフとともに月岡(旧豊浦町)のお客様企業へ。

終了がお昼近くとなったため、ちまたでおいしいと評判らしいラーメン店で食事をすることに。

場所は月岡の温泉街のほぼ真ん中。

ローソンの左隣の「きぶん一(いち)」というお店です。

知る人ぞ知る店でいつも行列ができるとか。

お昼ちょっと前だったせいか、まだ7.8名でしたが、マスターの威勢のいい「いらっしゃいませ」という声に促されカウンター席に着席。

またも元気のいい女性店員のメニュー説明を受け、定番のふつうのラーメンを注文。

注文後トイレに行ってくると、なんとすでにラーメンがカウンターに置かれているではありませんか。

おそらく、1〜2分程度のすごい早業です。

不思議だなあと思いつつも早速ラーメンを食することに。

スープはあっさり味ではありますが、メンの上に置かれている刻み紅ショウガが徐々に味に幅を広げほどよいバランスがとれたスープに。

メンはあまり特徴はないものの、まあまあ。

食べながら、厨房等を注意深く観察していて、そのラーメン作りの早業の秘密がわかった次第。

なんと、店員達が、窓ガラス越しに見える店の前の専用駐車場に車が乗り入れてくるとすかさず、乗車人数を把握して声を出して「○○名様いらっしゃいました」とラーメン作り担当のマスターに声がけ。

これを受けてマスターは、人数分のメンを沸騰した鍋にメンを投入するといった手順。

なんと、店に入る前にせーメン作成に着手していたのです。

なぜなら、この店のメニューは、ラーメン・ちゃーしゅーメン・ネギラーメンの3種類のみ。
味も一種類のためであります。

はやくラーメンを提供できれば店の回転がアップし増収増益になるとともにお客様満足もアップするというものですね。

もう一つびっくりしたことがありました。

ラーメンのメンがほどなく食べ終わろうとした頃、マスターの「替え玉いかがですか」との声がけに、思わずお願いしますと返事。

すかさず、お椀にいれた替え玉が目の前に。

替え玉一つ130円とメニュー表にあったので、さすが提案型の商売をしているなあと感心。

ところが、ほとんどのお客様が替え玉を食べているではありませんか。

メニュー表をよく見ると、二回目の替え玉から有料で「一回目の替え玉は無料」だったのでした。

食べ終わっての帰り際、気になっていたのでマスターに店名の「きぶん」を聞いてみると、気分がいい悪いのきぶんだとか。

いろいろ気づきのある昼食タイムでありました。


話は変わります。

現在、福岡滞在中であります。

研修会参加のために・・・。

収穫大で価値ある研修でありました。

井上先生、お世話になりました・・・。

2008年04月16日

気遣い・・・

昨日、車を運転していて信号機の内交差点で右折するために停止していたところ、前方から直進でくるくるまで交差点にとまっており、手のひらを上側に向けてどうぞお先にという感じで軽く頭を下げていただき、思わずこちらも頭を下げて先に車を動かした次第。

ちょっとした気遣いでありましたが、嬉しいの一言であります。

当然その後は一日気持ちのいい日を暮らせたのは言うまでもないことです。

自身いろいろなところでの気遣いを忘れずにしなければと思ったところであります。

2008年04月15日

固定費の圧縮・・・

担当スタッフと共に先ほど2月決算法人のお客様企業に訪問し、確定した決算報告を実施。

社長始め社員一同が目標に向かって努力した結果、昨年よりも大幅アップに・・・。

報告会終了後、ガソリンの暫定税率の今後の行方についての話に。

結論としては、国の固定的な経費(支出)が多すぎるという点について見解が一致。

そもそも国会議員を半減すべきではという話に。

以前、とあるところでお聞きした話ですが、今後国が道州制をすすめていけば、自ずと国会議員は減ることになるはずと・・・。

企業経営と同じく、固定経費の圧縮は国にも求められてるところであります・・・。

2008年04月14日

家族のあり方・・・

本日の午前中は、かねてから依頼を受けている相続税の申告受託先へ。

相続財産の把握とその財産分割の方法について説明させていただいたところです。

午後からはタイムリーに税理士会連合会主催の相続税研修のため新潟市内のホテルへ。

内容は取引相場のない株式の評価についての留意点等について。

220名以上の参加で会場は熱気でむんむんといったところであります。

途中、講師の先生の雑談でなるほどという話をされていましたので紹介いたします。

「相続時精算課税制度は基本的にはすすめない。特に3500万円の住宅取得資金の特例はもってのほか。親が20年30年の古いうちに住んでいるにもかかわらず生前に子供の住宅建築のために3500万円なにがしを贈与してその高価な家に住むのはいかがなものか。そうであれば、その3500万円で親の家を建て替えてすみ、3.4年後にその家を贈与すれば贈与財産も半減するわけだから。世の中、おかしいことが多く有りすぎる・・・。」というような内容の話が。

まさしく、親が生前に2500万円なり3500万円なりを子供にあげるという行為は、場合によっては親の財産のほとんどを子に移してしまうことになり、親の生き甲斐を失ってしまう事にもなりかねないといっても過言ではないケースも有るようです。

また、親を大事にしなくなるケースもあるとか。

この制度を使う際は慎重に検討しなければならないということは間違いない事実です。

2008年04月13日

雪椿まつり・・・

加茂市の花「ユキツバキ」。

昭和41年にユキツバキが「新潟県の木」に指定されたことをきっかけに、翌年から「雪椿まつり」が開催。

今年も加茂山公園で開催されています。

来週の日曜は、ミス雪椿のパレードも行われます。

30日までは加茂山公園のライトアップ(18:00〜21:00)も行われています・・・。

http://www.city.kamo.niigata.jp/section/kankou/kamonomaturi/y_tubaki.htm

休日ごとに盛りだくさんの行事が繰り広げられますよ。

ちょうど1週間前の日曜日の朝、全市民による加茂山清掃に参加し際は、まだ椿はつぼみ状態でありましたが・・・。

2008年04月12日

昨日の回答・・・

昨日の問題についてです。

「直ちに・遅滞なく・速やかに」の早さの順位は?

ご主人が、会社から帰ってくるなり、奥様に、「オーイ、新聞取って、それからたばこを買ってきて、それから早く夕飯つくって・・・」と言われ、さすがの奥さんもあきれ顔でたずねたとか。
「アナタ、そうポンポン次から次と注文しても私の身体は一つなんですからね。一体何を一番先にやったらいいんですか?」と切り返したところ、ご主人は、「新聞は“直ちに”、夕飯は“速やかに”、たばこは“遅滞なく”だ」と回答したそうです。

“速やかに”は“直ちに”よりも時間的即時性が緩やかで訓示的な意味で使い、“遅滞なく”は時間的即時性は強く要求されますが、正当な理由があれば遅滞は許されるという場合に使います。

正当な理由がなければ直ちにとほぼ同じで遅滞は許されません。

“直ちに”と“遅滞なく”は遅れた場合には違法ということになりますが、“すみやかに”は遅れても違法ではありません。

そこで先ほどの奥さんの対応としては、新聞とたばこはすぐに持って行かなければなりませんが、たばこについては買い置きがなければ近所のたばこ屋さんから買って来るまで許されると解釈されます。

これに対して夕飯はできるだけ早くつくりなさいという意味にとればいいということになります。

 峙擇咫κ造咾法廚琉磴い蓮

この二つはどちらもという意味ですが、2個以上のことばを接続させる場合は及びを使い、3個以上の場合はA,B,C及びDというように使います。

連結が2段以上になると、大きな連結、接続には“並びに”と使い、小さないみの連結、接続には“及び”を使います。

例えば、バナナ及びメロン並びにキャベツ及びにんじん・・・

果物と野菜をいいたいのですが、それぞれの具体的なものはバナナとメロン、キャベツとにんじんというという場合に使います。

◆屬澆覆后推定する・とする」の違いは?

“みなす”は、そのように取り扱うという意味で、“推定する”は、反対の事実や証拠がない限りはそのように扱うという意味。

“とする”は、“みなす”ことをしなくても本来そのように扱ってもおかしくないものを制度としてそのように決めるということです。


法律用語は難しいですね・・・。

もしご主人であるあなたに、奥様から「今日は早く帰ってきてね!」と言われた場合、「速やかに帰るよ」と答えれば、「できるだけ早く帰るよ」という意味となり、万が一遅れても違法にはならないことになります!?

「速やかに」は使いかってがいい便利な言葉かもしれないですね・・・。

2008年04月11日

税法・・・

小雨模様の朝です。

せっかく開花した桜の花がこの週末までもってもらえるといいのですが。

我が国は租税法律主義のため、かならず法律の根拠に基づいて税の賦課や徴収を行う必要があります。

そのために、税法があるのですが、その税法はなかなかわかりづらい言い回しが目立ちます。

税法では、様々な慣用句が使われていますが、そこで問題。

「直ちに・遅滞なく・速やかに」の早さの順位は?

◆峙擇咫κ造咾法廚琉磴い蓮

「みなす・推定する・とする」の違いは?

ちょっと仕事の息抜きに考えてみていただければ幸いです。

答えは、明日のこのコーナーで・・・。

2008年04月10日

名義預金・・・

本日は朝7時過ぎの新幹線にて東京へ。

研修会出席のための上京であります。

テーマは、「相続」。

相続に関わる諸問題と申告にかかる諸問題を事例を交えながらの研修。

充実した一日でありました。

国税庁の発表によると平成18年の被相続人数(死亡者数)は、約108万人。このうち相続税の課税対象になった被相続人数は約4万5千人。

課税割合は4.2%。すなわち100人中、4.2人が相続税の課税対象になっているということであります。

相続財産の種類別内訳は、土地が47.8%、現預金・有価証券が36.1%となっています。

その相続税の調査件数は約1万4千件で3件に1件の割合となっています。

調査に基づく申告漏れ財産のトップは現預金・有価証券で56.6%。

その申告漏れとなるのが家族名義預貯金や有価証券。

よく、相続税対策として生前に現預金を子供名義等として贈与するケース。

しかし、子供名義等にした預貯金が税務調査で相続財産に含めて相続税を追徴されるケースが多く見受けられるようです。

いわゆるこれが名義借預金です。

親が子供に贈与したつもりでも、親がその預金を管理していたりましてやおやのハンコで証書をつくっていたりした場合が問題です。

子供に預けると何に使うかわからないからと言う理由からのようですが、子供自身がいつでも自由に使えないような状態であれば贈与したとはいえないというもの。

まして、子供がその預金の存在すらわかっていないという場合は論外です。

よく、贈与税の基礎控除が110万円だから110万円前後の贈与をして贈与税申告をしておくという人がいますが、申告した・しないは直線その贈与かどうかを左右するもので
はありません。

この名義預金は10年前のものであろうと相続が発生した場合は相続財産となります。

よく時効になっているのではと言う方がおりますが、もともと被相続人の財産なので時効うんぬんという解釈にはならないのでご注意を・・・。


預貯金を生前贈与をする場合は留意したい点の一つです。


2008年04月09日

初体験・・・

今日一日、会議と研修のため、ニューオータニ長岡へ。
収穫大の一日でありました。

それにしても、スイカは便利であります。

車のタイヤを夏タイヤに交換してもらっているため今日はJRにて長岡へ。

駅のホームに入るとき、スイカのカードを自動改札機にワンタッチ。

自動改札のバーが自動で開くではありませんか。

目的地に着いた場合も同様自動改札機に同じくカードをワンタッチ。

なんと入る時も出るときも、チャージ残額がいくらあるかまで改札機に表示されるので安心であります。

実はスイカのクレジットで東京などへ出張するときに切符を購入していたのですが、先月末でそのカードのポイントが無効になるという案内が届き、何かいいプレゼント商品でもと思っていたのですが、そのときすでに遅し。チャージのみしか選択ができなかったのでやむなくカードにチャージ。

なんと8000円分もできた次第というわけで・・・

本日が初めての利用となったl理由であります。

一度使うと、便利すぎてやみつきになりそうですね・・・。

2008年04月08日

あとで、すぐやる・・・

昨日7日の「職場の教養」からです。

タイトルは、「あとで、すぐやる」。

『だから、「仕事がうまくいく人」の習慣』の著者ケリー・グリーン氏が仕事の処理方法として紹介している「あとで、すぐやる」方式について。

「あとでやる」のと「すぐやる」のとはまるで正反対のようですが、「あとで」は、「あとで時間ができたらやろう」というのではなくて、「あらかじめ時間をきめて一気にやる」という意味での「あとで」だとか。

仕事は“すぐに”処理することが肝要だと言っても、同時にすべてのことができるはずはありません。

何事も集中すべきときに集中できれば仕事も格段にあがると書かれています。

時間管理の大切さを痛感した次第・・・。

全ては計画からですね・・・。

2008年04月07日

ツキのある人からツキを運んできてもらうには・・・

以前何度かこのコーナーで取り上げている西田文郎著の“強運の法則”からです。

この本によると、ツキのある人はプラス思考のツキ人間としか付き合わないという原則があるそうです。

だから、ツキのある人からツキを運んできてもらうには「あいつはツキ人間だ!」と認めてもらわなければいけないとのこと。

端的に言うと、ツキを掴む必須要件としては、実際に優秀であるよりも、「あいつは優秀だ」と思われることの方がはるかに重要であるということのようです(実際に努力家であるよりも努力家だという評価の方が大事であり、実際に日能力があるより、能力がある人間だという評価が大事ということ)。

それは、どんなにすごい能力があっても、どんなに優秀でも、どんなに努力家でも、そう認められない人間のところにわざわざツキをはこんでくるモノ好きはいないという考えからです。

著者の西田氏が、以前、あるツキのないJリーグのサッカー選手に、「監督の前では、どんなときでも元気をアピールしろ」と指導したことがあるそうです。

そのことについて次のように書かれています。

・・・このとき私は、彼がツキを掴む方法として「本当は落ち込んでもいい。心ではふてくされてもかまわない。ただし、監督の前では元気をアピールしろ」と教えた。
 このときの彼は、まさにツキのない典型であった。なかなか試合に使ってもらえず、監督との不仲がささやかれていた。それゆえ彼は、「このチームにいる限り、自分の出番はない」とあきらめてさえいた。
 だから、このツキのない現状を打破し、試合にでるためには、監督に「こいつを試合で使ったら、きっと勝つ」と思われるようになれと言ったのだ。そして、「クサらない自分」「落ち込まない自分」というアドバイスをした翌週、久しぶりに試合に起用されるしいうツキが彼に舞い込み、そのツキの波にのった彼は、その後すっかりレギュラーに定着してしまった。
 つまり、繰り返しになるが、大切なのは内実ではなく、ラッピングであり、他人に「あいつはツイてる」「あいつなら任せても大丈夫だ」と思われることなのである・・・

ここで、著者は、くれぐれも言っておくがと前置きをして「実際にイメージ通りに自分を変えようなどと無理をすることは少しもないのである」と付け加えています。

その理由は、“10万台に相当するスーパーコンピュータであるあなたの脳は、無意識のうちに他人に貼られたレッテルに反応し、必ず条件付けられたデザインの自分になってしまう”からだそうです。

要は、こうみられたいという理想の自分像をデザインしそれを演じ続けることによりいつかそれが脳に条件付けられて「イメージの自分」が「本当の自分」になるからとのこと。

西田氏は、そのイメージデザインづくりのプロセスは、次の3つの工程からと述べています。

 ,△覆燭まわりからどうみられているかを検証する。
◆仝従のセルフイメージをまとめて、課題点を明らかにする。
 ,鉢△侶覯未鯑Г泙┐董∈8紊里△覆燭離ぅ瓠璽言澤廚鬚垢襦

まず、,蓮⊃楊椶魑い砲垢襪海箸らだそうです。


この西田氏のツキ・運についてのセミナーに、今月参加してきます。

お客様企業始め多くの方のツキや運が更に良くなってもらえればという願いから・・・

今日は、週の始まり。張り切っていきましょう・・・。

2008年04月06日

懐かしい友との再会・・・

昨夜は、よね蔵 県央店にて、高校の同級会。

久々(!?)の懐かしい友との再会。

大盛り上がりとなったところです。

子育てが終わりやれやれといった人や、事業に成功している人等々。

何と、知る人ぞ知る飲食店(おいしいステーキのお店ですよ)を経営している社長も。

現在20店舗目を建設中とのことです。

ご主人が高級紳士服店を経営されている方も。

ここでまた、あの「私は運がいいシール!!」を配った次第。

それにしても、有意義な一時でありました。

2008年04月05日

相続対策・・・

中小企業経営の課題の一つが事業承継。

先日、代表はすでにお父様(現会長)からご長男にバトンタッチ済みのお客様企業に担当スタッフと訪問。

次のような相談を受け、アドバイスさせていただいたところです。

会長の個人資産についての将来おこりえる相続についての相談を頂だき、次のようにアドバイスさせていただいたところです。

1.会長の意向通り、会社に関わる個人財産は事業を承継した長男、その他の財産は配偶者及び長女ということですでに具体的に決められているのであれば、生前に相続時精算課税制度を使って生前贈与する方法も選択肢の一つとしてあるけれども、その分割方法を遺言として残しておいて相続開始後に財産をそれぞれ相続してもらう方法も・・・。

その際の遺言の方法としては、ー筆証書による遺言、公正証書による遺言、H詭証書による遺言があるが、簡便的な方法としては,ベター。

2.いずれにしても、現在時点での個人財産の財産評価を行いその財産が相続税の基礎控除(5000万円+法定相続人×1000万円)を超えるのかどうかを計算する必要があり、もし、超えているような場合には相続税が現段階でいくら発生するのかを把握し、納税資金の準備を今から考える必要があり。

ということで、当事務所としては、早速現段階での財産評価をさせていただき相続税の発生の有無と発生の場合の税額の計算、遺言書を書く場合の注意点を後日まとめてお伝えすることとなった次第。

ちなみに、「会社に関わる個人資産」は、会社に貸し付けている土地・建物、会社の株式、会社に出資同様に貸し付けた長期的な貸付金等々。

将来起こりえる相続をスムーズに行うには、自身(財産を残す方)が心身とも健康なうちに、あらかじめ決めるべきことをきめたり準備したりすることであります。

そうすることによって、将来の相続税の負担額の軽減や争いごとをなくしたりすることが可能となるというものですね。

このように、事業承継や一般の相続についても当事務所では適切にアドバイスさせていただいておりますので、どなたでもお気軽に問い合わせいただければ幸いです。

2008年04月04日

メモ帳でホームページ・・・

本日は、静岡市のアイリンクコンサルタントの加藤忠広先生においでいただいてのITセミナーの開催。

今回は、特別バージョンで、なんと午後1時30分から午後7時30分の長丁場で、「メモ帳を使ってのホームページを作り上げる」研修。

題して、「SEOとデザインを調和させたWeb構築法」。

「ホームページビルダー」ではなく、無料の「メモ帳」を使って実際に参加いただいた皆様がそれぞれホームページを作り上げてしまったという研修です。

ビルダーでなくメモ帳の方が、費用がかからないだけでなく検索にかかりやすいというわけで本日の研修となった次第。

メモ帳とは、Windowsの一つ(パソコンの画面の「スタート」をクリックしたら、続いて「アクセサリ」をクリックするとでてきます)。

使った道具は、このメモ帳2枚と原色大辞典、画像ファイル、画像加工ソフト。

なんとなんとすべて無料であります。

参加いただいた皆様、大変お疲れ様でした。

その後、場所を変えての先生を囲んでの懇親会は当然大盛り上がり。

加藤先生、ありがとうございました。

2008年04月03日

経営者は絶対的に数字に強くならなければ・・・

先日届いた日経ベンチャー誌に、「絶対に潰れない経営」という特集記事が。

その中で、あの日本電産の永守重信社長のインタビューが載っていました。

・・・経営は数字。経営者は絶対的に数字に強くなる必要がある。CFO(最高財務責任者)より経理に強くなければいけない。CFOの言うことをうのみにせず、「おかしいな、そういう数字にならへんやろ」と経常的な勘で当てるんです・・・数字のトレンドをずーっと追っていたらわかります。決算書だけ見てもわかりません。毎日毎日数字を見て「どれだけ売上があがったんやろ」と・・・私はわずか5万円のことでガンガン叱るから、知らない人が見たら「この人なんや」と思う。でも、5万円のときに叱らないと、5億円の損を防げません。小さなミスのときにしっかり対応しないで、大きいミスがおきたらどうするんですか・・・

永守社長は、さらに「経営は凧揚げと一緒。風がなくなるのが不況でね。風があるときは誰でも凧をあげられる。ところが風が弱まったら、ほっとくと落ちる。自分で風をつくるしかない。社長以下全員で走らなければならない。」と。

この特集の巻頭に“あなたはどっち?”の見出しにつづいて、それぞれ次の5項目が書かれています。

『会社を伸ばす経営者“5つの特徴”』
 ・細かい
 ・厳しい
 ・速い
 ・視野が広い
 ・前向き

『会社を潰す経営者“5つの特徴”』
 ・大ざっぱ
 ・甘い
 ・遅い
 ・視野が狭い
 ・後ろ向き

“細かい”とは、「_饉劼凌字を毎日詳細に見ている、∪依整頓清掃を徹底している、指示が具体的で言葉使いにうるさい」とのこと。


本日訪問させていただいたお客様企業の社長様は、当事務所のスタッフが先月の業績を月次決算書に基づいて説明させていただいた後、しばらくの間ご自身で無言で分析をされておられました。

今後の業績見通しも順調とのことですが、まさに数字を意識した経営を行っている社長様であります。

やはり「トップ自らが数字を意識した経営」をしなければならないと言うことですね。


話は変わります。

あのキャンディーズが解散して明日で30年とか。

その明日4日はファンが、キャンディーズ解散コンサートをやったあの後楽園で「大同窓会」を開くとのこと。

当時の後楽園とは、今は東京・水道橋の東京ドームですが、あの日ヘリが何機も飛び回る中での大歓声を背に、後ろ髪を引かれながら大原(税理士受験の専門学校)に向かったのを昨日のように覚えています。

2008年04月02日

業績が改善基調に・・・

本日、担当スタッフと訪問させていただいたお客様企業(社長様・奥様と話させていただきました)でのことです。

その企業では、経営革新の承認もおり、その計画に従って行うべき戦術を実施しながらもなかなか結果がです試行錯誤の日々を送っていたところ、本日いろいろなお話を伺っていたところ、「とある出来事」が起きてから売上に結びつく結果が出始めてきたとのこと。

話をお聞きすればするほど社長様も、その実績を振り返りながらこれから、さらなる結果を残すべく行動する決意を話された次第であります。

その結果が出始めたという話をお聞きしている際、私自身も自分の事のように嬉しくなり、自身の体の奥底からなにやら暖かい何かがわき出る(!?)ような心地よい気分に・・・。

何とも表現しようのない不思議な体験でありました。

当然社長様も話されていて気分が良かったようで、コーヒーに入れる砂糖を勢いがありすぎて多めに入れすぎ奥様から注意されたほどでありました。

当事務所が微力ながらサポートさせていただいた企業の業績が改善することほど嬉しいことはありません。

まさに「お客様企業の発展こそ当事務所の喜び」です・・・

ひょつとして、あの「私は運がいい!!」シールのおかげかも・・・

上記の「とある出来事」とは、あまり良いことではないのですが、それをプラスにすることができたと言うことであります。

2008年04月01日

暫定とはどういう意味・・・

暫定とは、果たしてどういう日本語なのでしょうか。

昨日の総理の記者会見で、今日期限切れでなくなったガソリンの暫定税率を元に戻す決意を述べられていました。

暫定は「しばし」の意味(30年以上も続いているものが暫定というのでしょうか・・・)。

暫定に戻すと言うことであれば暫定ではなく「恒久」。本来の措置法ではなく本法に定め直すというべきなのではないでしょうか・・・。

また、マスコミの報道も偏りがあるように思えて仕方がありません。

もっと、ガソリンが下がって歓迎している声ももっと伝えるべきなのでは・・・。

いずれにしても、今日、車で走って本当にガソリンスタンドの価格表示が120円台になっているのを見て本当に下がったんだという現実を体感したところです。

暫定税率のみが注目されていますが、登録免許税等の日切れ法案は昨日の31日にかろうじて成立しました。

しかし、なんと、あの「交際費等の損金不算入」、「使途秘匿金の支出がある場合の課税の特例」など、“つなぎ法案”に盛り込まれなかった相当数の租税特別措置法が、31日をもって期限切れとなりました。

改正法案未成立期間中の取引等に対しての「不利益」は遡及されない見込みのようですが、実務の取り扱いが気になるところです。

http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/topics/data/h20/6512/index.htm

それにしても、昨日の総理の会見で、「政治が本気であれば今回の混乱は防げた」と言っていたように記憶していますが、総理は本気ではなかったということでしょうか・・・。

サイト内検索


最近のエントリー

  1. これぞ“暫定”値下げ・・・
  2. 暫定とは・・・
  3. 暫定税率の議論が不十分のまま・・・
  4. 衝撃的なセミナー・・・
  5. タイムリーかつ正確に・・・
  6. 評判のこだわりシフォンケーキの店・・・
  7. ありがたい気づき・・・
  8. 朝の挨拶・・・
  9. 夢はあきらめなければ達成できる・・・
  10. 夢は薬、あきらめは毒・・・