new_blog.gif

2010年08月02日

会社を強くするための定石・・・

本日届いた会計事務所向け小冊子に、「会社を強くする経理の条件」がわかりやすく書かれていましたのでその要旨を紹介します。

〃侏は税務署のためや銀行のためにあるのではない。

経理本来の役割は、会社の将来のための必要な数字を経営陣に提示すること。

そのため、月次決算はもちろんのこと、部門別、支店別、現場別、店舗別、個人別等々の予算・実績再分析、予想実績推移等の今後の経営の意思決定に役立つ経理情報を発信することが一番大切な仕事。

い燭箸┐舒食店の場合、ただ単に売上高は前年度105%っぷという予算では実績と対比してもあまり意味がない。

デ間営業日予定表を作成し、月間営業日数を確定し、営業日数×目標客単価×客数×回転率、さらに単価の大きく違うランチと夜に区分して、毎日の予算、月次売上計画を綿密に作成することが基本。

Δ海里茲Δ雰郤〕住擦鮑鄒し、実績、営業結果と比較することによって、会社の経営上の問題が浮かび上がってくるから。

予算に対して90%しか達成しなかった場合、単に10%売上減少ではなく、営業日数、客単価、客数、何が原因だったかの分析が可能。

┠弍直紊糧獣任箸靴董客単価を上げるのか、客数を増やすのか、営業日数を増やすのか、逆に営業日数を減らす、昼のランチを止める、客単価を上げた方が良いのであれば、メニュー、品質等をあげるのか、いろいろな検討課題、問題意識、マーケティング、社員教育等々の問題点が浮かび上がってきます。

経理の本来の役割は、お金の流れを正確につかみ、会社が現在どのような状況になっているかを正しく経営陣に告知し、経営の舵取り資料を作成することにある。

我が社には何が問題か?それさえわかれば問題解決はそうむずかしくない。


こんな経済環境下だからこそ、会計処理をタイムリーに適格に行うことにより、自社の現状や課題をただしく認識し、何をやらなければならないのかを明確にすることが問われていることではないでしょうか。

当然、短・中期経営計画の策定を行い、毎月の予実対比を行うことが条件でありますが・・・。

まさに会社を強くするための定石です。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆ブログを書く励みになりますので、是非ご協力を◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   

≪ブログランキングに参加していま〜〜す。ベスト1も夢ではありません!ぜひ・ぜひ次の緑色のマークを1日1回クリックをしていただけたら幸いです!!≫
banner_04.gif
◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆ ☆ ☆  ◆ ◆ ◆ ☆


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(所長のひとりごと にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form

サイト内検索


最近のエントリー

  1. 感動の新聞記事・・・
  2. ありがとうございます・・・
  3. 仕事の進め方のポリシー・・・
  4. 色・形・迫力すべて満点の花火・・・
  5. 墓参り・・・
  6. 日本の将来のために・・・
  7. お盆です・・・
  8. 自社の経営戦略を考える・・・
  9. 1分間成功思考・・・
  10. 身体にいいこと・・・